青森市の給湯器取り付け・交換・修理

青森市の冬季期間と最低気温、凍結による給湯器の故障注意について

青森市は本州最北の青森県の県庁所在地。雪深い雪国のイメージ通り、冬は積雪が大変多く、青森市全域が特別豪雪地帯に指定されています。夏はさすがに日平均20度を超えたこともありますが、12月~3月までの冬季期間においては、平均最低気温が0度を大きく下回り、マイナス5度以下になることも珍しくありません。こうした寒さが非常に厳しい地域においては、いかに暖房や温水を支障なく安定供給するかということが重要になりますが、他地方から引越してきた方や、青森市の寒さに慣れていない方のご家庭では、特に給湯器に関してトラブルが多く発生しています。それは給湯器が寒冷地仕様になっていないケースがあるということ。以前まで使っていたものをそのまま青森市で使った場合、一般仕様の給湯器では配管が凍結して故障、或いは配管が破裂して使用不可能になり、交換や修理を余儀なくされることもあるのです。水は一般に0度で凍結します。従ってマイナス5度以下にもなる青森市の水道管は、凍結防止のために不凍深度と呼ばれる深い場所に配管をしています。およそ1mほどの深さにあるため、地上の積雪が深くとも凍ることはありません。しかし、住宅内で水道を使うためには地上へ配管をせねばならず、水道を使っている間、配管内の水が流れているうちは良いのですが、使用していない間、配管内に水が残っていると、すぐに凍って使い物にならなくなってしまいます。そこで青森市のような寒冷地においては、蛇口を閉じると、立ち上げ部分についている水抜き栓が開いて、地上部分の配管内の水を空にする機構になっており、凍結したり破裂することなく、また蛇口を開ければ水が使えるようになっているのです。給湯器は給水した水を温め、お風呂や台所へ送水するものなので、やはり配管が巡っています。ですから、青森市においては給湯器を寒冷地仕様にして、凍結防止や破裂防止をすることが必須となるのです。暖かい地方で使っていた一般タイプの給湯器をそのまま使おうとしている方、出張等でしばらく給湯器を使っていなかった方は、冬を迎える前に給湯器を見直し、使用出来るものか、故障は無いかをよく確認しましょう。また、寒冷地仕様であっても、昔から長く使っていて老朽化が進んでいる給湯器の場合は、凍結防止機能が劣っていることも十分考えられますので、やはり毎年シーズン前にはしっかり点検をし、必要であれば交換や修理を行うようにすることをお勧めします。

給湯器取付け・交換・修理 依頼の多いエリア

給湯器の故障による修理・交換が多い地域とは

給湯器の故障に伴う修理や交換の件数は、やはり冬の寒さが厳しい地域で多くなっています。そうした場所では使用されている給湯器の数も多く、寿命による給湯器の交換などの機会が頻繁であることの他、配管の凍結からくる故障も生じやすくなっています。こうした寒さにまつわる故障は北海道や東北の地域をはじめ、九州地方などでも内陸部で冬に発生が増えることで起きる故障です。その際にはメンテナンスの不足していた配管が破裂するなどして、給湯器の修理や交換が必要になることも見られています。

給湯器のトラブルでお急ぎの方へ

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼