福岡市対応業者のご紹介

SPテックサービス
給湯器はおよそ10年以上使い続けると故障やそれに伴う事故のリスクがぐっと上がってしまいます。こうしたことを防ぐために大切なのは日頃のメンテナンスです。内部の部品がどの程度劣化しているか点検し、必要であれば部品を交換したりするだけで、安心して給湯器を使い続けることが出来る場合もございます。大切なのは異常があるなと思った時に放っておかないことです。中には給湯器から黒い煙が出ていると気づいていながら放置し、一酸化炭素中毒で病院に運ばれてしまったというケースもあります。給湯器に異常を感じた場合はすぐに業者に連絡して適切な処置を行ってもらいましょう。「SPテックサービス」は福岡市を中心に多くのお客様の給湯器のお困りごとに対応してきた企業です。迅速で丁寧な対応を心がけていますので、地域のお客様にとても愛されています。
株式会社一匡造園
長い期間給湯器を使い続け、そろそろ給湯器も交換時かな?と思っている方も少なくないのではないでしょうか。給湯器の中にはお風呂が追い焚き、保温できる機能など新しい性能を持ったものもありますが、こうした最新の機能を見る前に一度見直しておきたいことがあります。それは給湯器のサイズが家族構成や生活スタイルと合っているかということです。給湯器のサイズが小さくなると一度にたくさんのお湯を温めることが出来ないため、一人暮らし用には良いのですが、家族が多い時は蛇口が一度に2つ使うことが出来ないために、不便が多くなってしまいます。逆に大きなサイズを少人数で使っていると、ガス代が無駄になってしまうので、何よりもまず今の号数で大丈夫か考えていくことが大切です。「株式会社一匡造園」はお客様の給湯器のお困りごとに親身になって対応し続けてきた企業ですので、お客様のお困りごとにも素早く丁寧に対応してくれることでしょう。
福岡市の給湯器取り付け・交換・修理

福岡市の冬季期間と最低気温、凍結による給湯器の故障注意について

7つの行政区から構成されて、福岡県の県庁所在地に指定される都市が福岡市です。毎年5月には博多どんたくと呼ばれるお祭りが開催され、多くの見物客で賑わいます。そんな福岡市の気候は全体的に温暖なことが特徴で、夏場はヒートアイランド現象で気温が高くなりがちです。冬も暖かく、最高気温が0度未満となる真冬日は2015年には記録されず、最低気温が0度を下回る冬日も2日しかありませんでした。また最も寒かったのは1月3日で、最低気温は-0.9度となりました。このようにあまり寒い日が無いために給湯器の凍結が起こりにくくなっていますが、それゆえにいざ発生してしまうと対処方法がわからないという人も多いのではないでしょうか。凍結ならば暖めようとして配水管にお湯をかけてしまうと、配水管や周辺の部品が劣化してしまう恐れがあります。また万が一給湯器にお湯がかかると故障に繋がるので、危険な行為といえます。給湯器はガスを使う機器のため、水が入ってこない状況で運転をすることも危ないので、絶対にやめてください。凍結が起きた場合は、電源プラグはそのままで、給湯器の電源を切りましょう。その後は自然解凍されるので、給湯栓から水が出てきたら給湯器を運転できる準備ができました。福岡市は温暖なため、早朝に凍結が起きても午前中には自然解凍されやすいので、同じ凍結といえども寒い地域よりも早くに給湯器を使えるようになります。ところで凍結は防げないものだと思う人も少なくないようですが、実は簡単に防ぐことができるものなのです。まずは凍結が起きたときのように給湯器の電源を切ることから始めますが、その後は給湯栓から水を流しっぱなしにすることが異なっています。少量の水を流し続けることで水道料金が気になりますが、お風呂の浴槽へ溜めることで再利用が可能になり、節水に繋がります。もしも不慣れな解凍に戸惑って対応できなくなったような場合は、福岡市の業者に作業を依頼しましょう。業者は丁寧に修理や交換を行なってくれますし、凍結が起きた際の対処方法についても教えてくれます。給湯器に不調が起きているならば、この機会に修理してもらうのも良いですし、給湯器ごと交換を頼むこともできます。修理と交換のどちらにせよ、自分で作業をすることはやめましょう。温暖な気候の福岡市ですが、凍結が起こったときは落ち着いて行動し、給湯器を壊してしまわないようにしましょう。またもしもトラブルがあれば、業者に作業を依頼することが堅実な判断といえます。

給湯器110番の福岡市地域における対応エリアについて

  • 福岡市東区
  • 福岡市博多区
  • 福岡市中央区
  • 福岡市南区
  • 福岡市西区
  • 福岡市城南区
  • 福岡市早良区

給湯器取付け・交換・修理 依頼の多いエリア

給湯器の故障による修理・交換が多い地域とは

給湯器の故障に伴う修理や交換の件数は、やはり冬の寒さが厳しい地域で多くなっています。そうした場所では使用されている給湯器の数も多く、寿命による給湯器の交換などの機会が頻繁であることの他、配管の凍結からくる故障も生じやすくなっています。こうした寒さにまつわる故障は北海道や東北の地域をはじめ、九州地方などでも内陸部で冬に発生が増えることで起きる故障です。その際にはメンテナンスの不足していた配管が破裂するなどして、給湯器の修理や交換が必要になることも見られています。

給湯器のトラブルでお急ぎの方へ

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼