松山市の給湯器取り付け・交換・修理

松山市の冬季期間と最低気温、凍結による給湯器の故障注意について

松山市と言えば、全国有数の温泉地としても有名です。コンパクトシティ構想による特徴的な街づくりが為された松山市は、四国地方でも最大の規模を誇る大都市。それだけ多くの家庭や事業所に給湯器が付けられていますので、その修理の際は計画的に行うようにしましょう。給湯器の修理・交換には危険が伴うため、基本的にその修理は業者に依頼することになります。しかし人口密集地ではすぐに業者が対応してくれるとは限らないため、前述のような計画的な依頼が必要になります。夏ならまだしも、冬の給湯器トラブルは深刻ですので、一日でも早く解決するように計画しましょう。実は、冬は給湯器故障が最も発生しやすい季節です。冷水を温める負担、凍結、結露など、多くのトラブルの原因が給湯器に襲いかかります。松山市は温暖な街。2015年での冬日(最低気温が0度未満の日)はわずかに6日。年間を通して最も寒かった日でも、その日の最低気温は-0.8度と愛媛県内にて最も高い数値です。それでも、冬季がこの業界の繁忙期という点は変わりません。それでは、業者に修理を依頼する際はどのようにすればいいのでしょうか。すぐに故障を直してもらうためには、対象となる給湯器の状態を詳細に伝えるのが第一歩になります。その一番の情報源となるのが、リモコンに表示されるエラーコードです。エラーコードを確認すれば、その故障の内容や修理方法を知ることができます。簡単な物なら自身で直してしまうことも可能ですが、難しい物はそのエラーコードを伝えるようにしましょう。さらに、給湯器の種類やメーカー名などわかる情報は何でも業者に伝えてしまうと良いでしょう。しかし、どんなに腕の良い業者でも太刀打ちできないことがあります。それは、給湯器の部品が無い場合です。各給湯器メーカーは、製造終了から10年後を給湯器部品の供給期限と定めています。そのため10年以上使用されている給湯器は、そもそも部品が無いため修理できないという事態が発生するのです。仮に部品があったとしても、10年以上使用した給湯器はそこかしこにガタが来ている可能性があります。そのまま不安定な状態で使い続けるよりも、いっそ新しい物に交換した方が良いでしょう。その場合も、業者の方に依頼するようにしましょう。希望する物があればその旨を伝え、具体的なプランが無い場合は一緒に考えてもらうと良いでしょう。

給湯器取付け・交換・修理 依頼の多いエリア

給湯器の故障による修理・交換が多い地域とは

給湯器の故障に伴う修理や交換の件数は、やはり冬の寒さが厳しい地域で多くなっています。そうした場所では使用されている給湯器の数も多く、寿命による給湯器の交換などの機会が頻繁であることの他、配管の凍結からくる故障も生じやすくなっています。こうした寒さにまつわる故障は北海道や東北の地域をはじめ、九州地方などでも内陸部で冬に発生が増えることで起きる故障です。その際にはメンテナンスの不足していた配管が破裂するなどして、給湯器の修理や交換が必要になることも見られています。

給湯器のトラブルでお急ぎの方へ

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼