最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

これからが使い時の給湯器

給湯器と言うと、「何年も確認していない」「これまで大丈夫だったから問題ないんじゃない?」と言われる方が多いのですが、実際にこれから冬場に向けて給湯器の使用回数が増えてくると、それと比例して給湯器が故障したという修理の依頼が倍増してきます。

「今までは大丈夫だった」という方でも、「今大丈夫だから今後も大丈夫だ」という保証はないのです。

家庭用のガス給湯器のおおよその耐用年数は10~15年と言われています。使っていくにしたがって劣化したり、部品が摩耗したりすることが故障の原因となります。

給湯器のメンテナンスを定期的に依頼している場合は早く故障に気が付き、すぐに対処できますが、実際に定期的にメンテナンスをしている人は少ないため、使う始めてから「おかしいな」と思って故障に気が付くというパターンが多いです。

初期に故障に気が付くことができれば、修理も安価に抑えられますが、経年劣化が激しかったり、故障していても無理に使い続けていたりすると、修理費用が嵩み、買い換えたほうが安くなる、という場合もあります。これはその時使っている給湯器の状態にもよるので、修理業者とよく話し合って、内容を決めてください。

しかし、「早めに故障に気が付くにはどうすればいいの?」と思われる方もいらっしゃると思います。そのように思われている方のために、簡単な確認方法をいくつかご紹介します。

まず、「給湯温度が一定か」確認してください。「熱湯が出るはずなのにぬるい。」逆に「水が出てくるはずなのにお湯が出る」など、しっかりと温度管理ができているか確認してください。

そして「給湯器から変な音がする」「給湯器の本体から煙が出ている」という場合も要注意です。給湯器の本体から黒い煙が出ている場合は不完全燃焼を起こしていることがあるので、危険です。使用を中止し、速やかに当サイトへご相談ください。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼