最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ガス給湯器の仕組み

私たちは毎日「水」を利用して生活をしており、台所や洗面、お風呂など、快適な暮らしのためには欠かせない設備がありますね。これらの水廻り設備には蛇口が付いていますが、恐らく多くのご家庭では「お湯」も出る蛇口も付いているはずです。本来は、コンロに掛けて沸かさなければならないお湯ですが、蛇口をひねっただけでお湯が出てくるなんて非常に便利ですよね。しかし、元々お湯がどこかの施設から運ばれてくる訳ではありません。お湯が出るのは、『給湯器』によってお湯が沸く、という働きがあってからこそです。今回はガス給湯器によってお湯が沸く仕組みについてご紹介しましょう。 1.準備 お湯を出そうとお湯用の蛇口をひねると、給湯器の中に水が流れ込みます。この水の流れを「水量センサー」が読み取り、お湯を沸かす準備を始めます。 2.点火 ガスの点火にはガスと火花と燃焼空気が必要となります。燃焼空気をバーナーに送り込む送風機が回りだし、イグナイターと呼ばれる火花を連続的に発生させる装置が動き出すと、ガス量制御弁が開き、ガスがバーナーに送り込まれて点火されます。その後、ガスの炎の熱を熱交換器内を流れる水に伝導して、水からお湯に変えます。 3.調整 蛇口に送られるお湯の温度は温度センサーによって常に計測しています。最近はリモコンで温度設定出来るタイプが多いですが、設定温度になるよう、ガス量制御弁、水量制御弁でガスと水量を瞬時に調整しています。 給湯器は私たちがお湯を使うのにとても重要な設備です。不具合があったり故障して交換の必要があるようでしたら、本サイト「給湯器110番」までご連絡ください。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼