最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

井戸水に対応した給湯器

従来の給湯器は水道水の使用が推奨されており、井戸水を使用することはNGとされていました。これは、水に含まれる成分の量の違いが原因なのです。井戸水はカルシウムなどの成分が、水道水に比べ多分に含まれており、その成分が給湯器内や配管に蓄積し、固まってしまうことでスケール詰まりを起こし、故障の原因となります。そのため、メーカーとしては井戸水の使用をオススメできないのが現状でした。しかし、最近では各メーカーで井戸水に対応した給湯器が発売されたこともあり、水質判定基準をクリアすることができれば、井戸水の利用が可能となりました。井戸水専用の給湯器では、カルシウム等の硬度成分が、固まりにくい仕組みを採用しているため、従来式と比べると配管内の詰まりが起きにくいのです。しかし、まだまだデメリットと言わざるをえない点もあります。井戸水対応の給湯器は従来のものとは配管経路が変わるため、本体価格が高くなる場合があります。また、井戸水を利用する際の水質検査に必要な費用は利用者負担になります。さらに、井戸水を利用する場合には、砂こし器の設置が必要となります。砂がでてこないからといって、砂こし器を設置しない場合にはメーカーの保証対象外となることがあるのです。井戸水を利用する家庭では、給湯器にも井戸水が使えるという点は大きな利点ですが、まだまだ欠点と呼べるポイントもあるようです。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼