最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

凍結による給湯器故障にご注意を

12月を向かえ、より一層寒さが厳しい季節となりました。地域によっては、既に初雪を観測している事もあります。このように寒い季節になりますと、恋しくなるのがお風呂です。そして暖かいお風呂を楽しむためには、給湯器の存在が欠かせません。ただし、この時期の給湯器の凍結だけはご注意ください。
そもそも、どうして給湯器は凍結してしまうのでしょうか。給湯器は、内部に運ばれてきた水を温め、お湯にして排出します。つまり内部に配管が走っており、その中に水が残っているのです。それが凍結すれば点火できなくなるだけでなく、場合によっては配管の破裂と水漏れを引き起こす事になります。そうなれば、水漏れによって不完全燃焼と一酸化炭素の発生を招きます。また、漏電や停電、電気回路の故障などを引き起こす事があります。そのため、給湯器の凍結を防がなければ生けません。
実は、このような危険から給湯器には凍結防止機能が備わっています。給湯器内部にはヒーターがありますので、それが給湯器内部の水を温める事で凍結を防止します。また、ふろ給湯器の場合は浴槽の水を循環させることで凍結を防止することができます。ただし、これらは給湯気に繋がっている水道管の凍結防止には効果がありませんので、水道管には断熱材などを巻いて凍結を防止しましょう。
しかしそれでも、給湯器が凍結してしまう事はあります。また、凍結の際には給湯器の修理・交換も必要になるでしょう。そのような時は、給湯器のプロに施工をご依頼ください。故障した給湯器を無理に使い続けることは事故の元になりますので、早めに対策を立てましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼