最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

正しい給湯器の使い方

私達の暮らしを快適にしてくれるガス給湯器。これから冬に向かうシーズンは特にありがたい存在となってきます。 しかしこの給湯器も正しい使い方をしないと命に関わる重大事故に繋がることもあり危険です。 給湯器の使用で起こりやすい火災事故は周りに燃えやすいものを置いたことや、ガス漏れが原因となるものです。紙や乾いた木製などの燃えやすいものなどは、給湯器の周りに置かないことや、ガス臭いと感じた時はガスの元栓を閉めて、換気をしっかりすることを心がけることが必要です。 特に重大事故に繋がりやすい一酸化炭素中毒を防ぐために、屋外式の給湯器を設置した後は排気の通路を塞ぐようなビニールや壁などで囲わないように、風通しの良いところで使用しましょう。 また給湯器の事故というと火災を思い浮かべますが、使い方を誤って熱湯を浴びて火傷をするという事故も起こっています。こうした事故を防ぐためには、シャワーなどを使用する際は使用者以外の人がお湯の温度を変えたりしないように注意すること、熱湯を使用した後は設定温度を低温に戻しておくことを徹底する必要があります。 日頃の点検はもちろんですが、異常を発見したり感じたりした場合は使用を中止して、修理のプロに是非ご相談ください。給湯器110番では、24時間給湯器に関するご相談を受付ております。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼