最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器と入浴剤の相性

一年で一番寒い季節となりました。だからこそ、家に帰って、あったかいお風呂に浸かってゆっくりするのが楽しみですね。そんなあったかいお湯を提供してくれるのが給湯器です。最近では、時間を指定してお湯を温めたり、自動で追い炊きしてくれたりと、その機能にも磨きがかかっています。そんな給湯器の恩恵を最も受けているのがお風呂と言えますが、そのお風呂によって給湯器が故障してしまうこともあるのです。その原因となるのが、入浴剤です。
気を付けるのは、浴槽と風呂釜をパイプでつないで湯を循環させるタイプ(追い炊きができるタイプ)です。このタイプの給湯器の場合、湯船に入れる入浴剤に注意しなければなりません。まず「にごり湯系入浴剤」です。これには無機系酸化チタンが含まれていることがあり、それが研磨剤となって給湯器や風呂釜を劣化させるのです。次に、硫黄成分やソルト系の「腐食性のある入浴剤」です。こちらは金属を劣化させることがあります。三つめは「発泡系入浴剤」です。発生した炭酸ガスが循環経路に入ると、給湯器や風呂釜の故障を引き起こします。そのため、ガス発生中には追い炊きしてはいけません。最後は、柚子や牛乳などの「食物系入浴剤」です。食べ物のカスは微生物や細菌の餌になり、その繁殖を促してしまうのです。
大事なのは、入浴剤のパッケージを見ることです。「風呂釜や浴槽を傷めない」「全自動強制循環式の風呂釜にも使える」などが明記されているかを確認してから使用しましょう。もしも記載がなければメーカーに問い合わせると良いでしょう。寒い季節では、一日でも給湯器が使えないと非常に不便です。なかなか手入れが回らない場所でもあるので、点検も含めて一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼