最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の寿命と交換時期

機械製品にも人間と同じように寿命があるわけですが、それは給湯器も例外ではありません。しかし給湯器は普段の使い方によって寿命が大きく変わってくる機器です。使い方によっては取り付けたばかりなのに給湯器が故障したなんてこともあり得るのです。どんなところで寿命の差が出てくるのか紹介したいと思います。 まず大事なのは設置場所です。給湯器は本体前面の排気口から排出された排気ガスが溜まらないようなスペースを作る必要があります。十分なスペースが無いと、排出した排気ガスを吸気口から吸い込み、不完全燃焼や排気ガスに含まれる硫黄成分の影響で機器内部の配線や部品が劣化してしまうからです。また、入浴剤の使用にも注意が必要です。入浴剤のなかには硫黄や酸を含むものがあるため、入浴剤を使用した浴槽で追い焚きをすると入浴剤の成分が混入したお湯が配管を通ります。配管は金属製品のため、硫黄や酸に反応して劣化してしまうのです。 井戸水を使っている地域も注意が必要です。井戸水は水道水と比べると様々な成分が含まれており、例えば石灰(炭酸カルシウム)を含んだ水を給湯器に使用すると給湯器内にカルシウムが残り少しずつ蓄積していきます。その結果温度が伝わりにくくなったり、局部沸騰が起こったりなんてこともあります。様々な成分が蓄積されると最悪1~2年で給湯器を交換なんてことにもなります。井戸水を使う場合には必ずろ過装置を取り付けてから給湯器を使用しましょう。 給湯器への負担を抑えれば平均して10年程度使用することができます。しかし10年以上経過しても稼働を続けているものはたくさんあります。ではなぜ平均寿命は10年なのか、それは部品の保有期間に関係します。若干の誤差はありますが、殆どのメーカーで給湯器の部品保有期間は製造終了後10年弱です。つまり部品保有期間を超えてしまうと、その給湯器は故障しても修理できなくなってしまうのです。給湯器を使っていて何か違和感を覚えたときはすぐに業者に見てもらいましょう。部品がなくなってからでは遅いのです。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼