最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の故障箇所とは?

夜もひんやりと冷えるようになり、給湯器の活躍する時期に入ろうとしています。「夏の間、あまり給湯器を使わなかった」という方は、一度給湯器が故障していないか見てみてはいかがでしょうか。肝心な時にお湯が出ないのでは困ってしまいますので、本格的な寒さを迎える前に給湯器の不具合は取り除くようにしてください。ここでは、給湯器の故障しやすい箇所についてご説明いたします。

・リモコン
どのような給湯器を使用していても、それを操作するために使用するのがリモコンです。そのため、給湯気に問題が無くてもリモコンが壊れてしまうとお湯を焚くことはできません。特に使用頻度の高いボタンは故障しやすいため、早めの修理が必要になることも多いです。

・配管
給湯器は水を取り入れてお湯にして出すため、その内部には水とお湯の通る配管があります。これが破損して水漏れを起こすと、給湯器内部で漏電を起こす恐れがあります。配管やパッキンの劣化が原因となるケースがほとんどで、耐用年数を迎える給湯器には特に注意が必要です。

・給水バルブ
給水バルブ(元栓)とは、給湯器にトラブルが発生した際、水を止めるために閉めるものです。通常は開いているため、いざ閉めようとしたときに動かない事もあります。

・基盤
給湯器にも、その頭脳となる基盤が存在します。しかし給湯器は水を扱い、さらに長年放置されている事も多いので、基盤がホコリによってショートしてしまうことがあります。基盤の故障は修理費用が高額になるケースもあります。

いざ給湯器にトラブルが発生しますと焦ってしまう事でしょう。そうでなくても、給湯器の何が故障しているのか調べるのは難しいでしょう。そのような場合は、給湯器のリモコンの方を見てください。エラーコードが表示されているはずですので、それを見れば大まかな故障内容を知ることができます。それがご自身で解決できるものなら良いですが、そうでない場合は給湯器修理を業者に任せるのが一番でしょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼