最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器を扱うにはどういった知識が必要なのか

給湯器の交換や撤去はただ給湯器を取り付けるだけではありませんし、もちろん取り付けられているものをただ取り外すだけの作業ではありません。色々と配線や配管が接続されていますので、その取扱いをしないといけないのです。実はこの配管や配線について、ちゃんとした知識がないとトラブルを起こしてしまいますので気を付けないといけません。給湯器には水道管、お湯の配管、ガス管、排気管、電気配線やアース線が繋がっています。これらの取り扱いを間違えると給湯器の故障を招きますし、漏電やガス漏れなどを起こすかもしれません。だからこそ、ちゃんとした知識を持っていないといけません。プロパンを使っているのか都市ガスを使っているのかによっても違いますが、ガス管を接続するのには資格が必要です。プロパンの場合は液化石油ガス設備士、都市ガスの場合はガス機器スペシャリストなどの資格となっています。排気筒はガス消費機器設置工事監督者、液化石油ガス設備士の資格が必要で、コンセント類については第二種電気工事士の範囲です。こうした資格、知識がないと事故の可能性がありますので何の知識もない場合は給湯器の交換などをすることはできません。この点についてはちゃんと覚えておきましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼