最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器を長持ちさせるコツ

普段の生活でお風呂やシャワー等で暖まりたい時、給湯器が役に立っています。「毎朝シャワーを浴びないと目が覚めた気がしない」と言う方も見えるでしょう。日頃から利用している給湯器ですが寿命はどのくらいなのか、ご存知でしょうか?一般的には大体10年くらいは使用出来ると考えられています。場合によっては15~20年も長持ちするケースもあるとの事ですが、この差はどこから生まれてくるのでしょうか?出来る事なら長く使いたいものですね。給湯器を長持ちさせるコツについてお話ししていきましょう。
最近のガス器具のメーカーはどこも技術開発が進んでおり、故障する頻度には差がないと思われます。又、メーカー側でもあまり長持ちし過ぎると買い替えてもらえないので、ある程度の年月が経つと故障する時期がくるのでしょう。耐用年数を決める差とは、一般家庭における給湯器の使い方なのです。 使用する頻度が他の家庭よりも多いお宅や、雪が多い地域等ですとあまり雪の降らない地域との差が出てきます。気を付けたい点は、内部の構造です。耐用年数の差は水道を通す管の耐用年数によって異なります。毎日水が通る管は、どんなに丁寧に使っていたとしても必ず金属疲労を起こすものです。この管に水が通るのは、台所やお風呂でお湯の蛇口を捻った時に流れ込みます。お湯のスイッチを切っている時に、お湯の蛇口を開くとお湯側でも水が出てきます。熱源がない時にお湯側を開くと、管の温度と水の温度の差が大きくなる為、管内に水蒸気が付いて錆びやすくなってしまいます。
給湯器を長持ちさせるコツは、お湯のスイッチが入っていない時にお湯側の蛇口から水を出さない様にする事です。そうすれば水蒸気が沸きにくい為、ガス内部が錆びにくくなって長持ち出来ると言えるでしょう。どんなに長持ちをしても、故障や修理が必要な時もあると思うのでその際には給湯器の修理業者へお願いしましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼