最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器を長持ちさせる3つのポイント

毎日利用する給湯器が設置されている場所は、屋内と屋外の両方がありますが、特に屋外に設置されている給湯器は、大雨の場合に水が内部に入り込んできたり、ひどい寒さの日には凍結する場合もあったりと、どうしても過酷な状況下で使われることになってしまい、寿命よりも故障が早まってしまうことがあります。給湯器の耐用年数は約10~15年程度といわれていますが、少しでも長い間使用するために、家庭でできることにはどのようなことがあるのでしょうか。


1.日頃から自分でできる点検をしておく
給湯器の故障は突然起こるものではありますが、日常で使用する際にご自分でできる範囲で点検を行なっていると故障の前兆を少しでも早く見つけることができるので、大がかりな修理や交換が必要になる前に対処することが可能になります。異音がしていないか、給湯器本体にサビがついていないか、お湯が変色していないかなど、日頃から注意して見ておくようにしてください。


2.法定点検を必ず受ける
2009年4月から施行された「長期使用製品安全点検制度」に基づき、給湯器を含む長期間の使用による劣化によって重大な事故や危害が起こりうる製品に対してその製造・販売者とユーザーの両方に点検の責務が求められることになりました。法定点検では、ご自分では確認することのできない箇所まで見てもらえるので、日頃の点検では見落としてしまうような、かつ重大な欠陥や故障が発覚する場合もあります。給湯器を安全に使い続けるための重要な点検です。この点検を欠かさず受けるようにするためにも、購入の際の所有者登録は必ず行なうようしましょう。


3.お手入れも欠かさずに
給湯器のサビや汚れは、製品の劣化につながり、それが故障の原因となる場合があります。頑固な汚れがついてしまうと、ご自分でキレイにすることはなかなか難しいですので、そうなる前に日頃から汚れを見つけたらすぐに落とすように心がけ、エアフィルターが設置されている場合には、そちらについたホコリや汚れなどもキレイに取り除いておくようにしましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼