最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯機器の凍結の豆知識

給湯機器は、気温が下がると安全装置が作動し機器の凍結を防止いたしますが、接続されている配管までは凍結を防止することは出来ません。配管が凍結した場合はキッチンやシャワーのお湯側の蛇口からお湯も水も出なくなる状態となります。また、積雪により給湯機器が破損する恐れもあるので、冬季給湯機器に関する豆知識を覚えておきましょう。 1.凍結防止ヒーターの作動温度は、給湯器周りの外気温が3度前後になると凍結防止ヒーターが作動し、給湯器本体の凍結を予防します。しかし、給湯器の凍結防止ヒーターの作動温度を調節変更することは出来ません。 2.長期間給湯器を使用しない場合の凍結予防として、給湯機器の水抜きをおねがいします。 3.冬場寒くなってから給湯器本体から異音が聞こえることがありますが、凍結予防のポンプの自動運転の音なので、多少気になるかもしれませんが、きちんと作動している証拠です。 4.「給湯器から白い煙が出ているのは故障ですか」という質問をされますが、排気に含まれている水分が白く見えている可能性があります。煙が上方に上がりながら自然に消える場合は正常です。しかし、黒い煙や白くても消えにくい煙が出る場合や、リモコンにエラーサインが出ている場合は点検が必要です。 故障だと思っていることが、正常に作動している証拠だったりもしますし、逆に、故障していると気づくことも出来ます。給湯器の知識を知っていることで、今後の対応が変わってきます。凍結は故障の一つなので、この冬場は予防と点検をこまめにしましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼