最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

追い炊き機能を追加する場合の注意点

現在の給湯器には、追い炊き機能が付いているものが一般的です。しかし、古い給湯器では給湯機能だけが付いており、追い炊きが不可能な物もあります。これから本格的に寒い時期になりますと、浴槽のお湯も冷めやすくなってしまいます。給湯機能のみでは、一度お湯を捨て、その後熱いお湯を継ぎ足すと言った作業が必要になってしまいます。それでは時間が掛かりますし、水道代も無駄になってしまいます。もしも古いタイプの給湯器をご利用されていましたら、追い炊き機能付きのものに給湯器を交換されると良いでしょう。
ただし、注意点があります。給湯専用のものですと、給湯器と浴槽は一本の配管で繋がっています。しかし、追い炊きのためには冷めてしまったお湯を給湯器に送るための配管を一本増やさなければいけません。つまり、配管工事が必要になるのです。もしも施工を行う場所がマンションだった場合、この施工を無断で行う事は禁止されています。事前に管理会社や管理組合に報告する事を忘れないようにしてください。
冬になりますと給湯器が活躍するようになりますが、その分給湯器業者には給湯器に関する依頼が多く寄せられるようになります。そのため、このような施工をご依頼される際はなるべく早めにご依頼ください。当サイトの相談窓口は24時間365日受付ですので、いつでもお気軽にご相談ください。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼