最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の耐用年数と寿命を迎えたときのサイン

給湯器の耐用年数と寿命を迎えたときのサイン

 

給湯器の耐用年数は約10年と言われているのはなぜなのでしょうか。その理由と給湯器の寿命を延ばす方法・寿命を迎えたときにチェックするべき症状を合わせてご紹介します。給湯器の正しい使い方を知り、適切な修理・交換のタイミングを見逃さないようにしましょう。



給湯器の耐用年数は「約10年」その理由とは?

家庭用の給湯器の耐用年数が約10年といわれている理由として、「設計上の標準使用期間10年を目安に作られているものが多い」からだといわれています。給湯器の各メーカーでも、「標準的な使用条件のもとで使用した場合、安全上支障がなく使用することができる期間として10年を目安としています」と記載しているところが多いです。


実際には10年以上使える給湯器もありますが、使用期間が10年を超えた給湯器の部品はメーカーでも取り扱うことが少なくなるため、対応メーカーでも修理できなくなるケースがほとんどです。


給湯器を長く使うためには

給湯器を長く使うためには

 

では、給湯器を長く使うためにはどのように気をつけたらよいのでしょうか。給湯器の寿命に関係するポイントは以下の3つです。


・給湯器本体正面からの障害物との距離が適度に保たれているか

給湯器から吐き出された排気が停留しないよう、給湯器本体の前は空間を空ける必要があります。給湯器の前面に充分なスペースが無ければ、吐き出した排気を吸気口から吸い込んでしまい、不完全燃焼や機器内部の損傷につながります。


・適切な排気カバーや配管カバーが設置されているか

排気カバーまたは配管カバーには給湯器本体の吸排気をスムーズにする効果があるだけでなく、接触防止、低気温対策、紫外線防止といった役目も果たします。カバーをつけることによって給湯器をさまざまなダメージから守ることができます。


・給湯器本体が雨ざらしになっていないか

建物の外に設置されている給湯器で防水処理が施されている場合でも、雨や風にさらされているだけで機器は消耗していきます。給湯器を設置するときはホコリが溜まりやすい場所や湿気が高い場所などを避け、建物の外に設置する場合は出来るだけ排気カバーや配管カバーを被せるようにしましょう。


給湯器を長持ちさせるためのポイントは以下の3つです。


・お湯を使わない時は、給湯器を経由して水が出ないようにする

給湯器の電源を切っている時、お湯側の蛇口をひねる、もしくは自在水栓がお湯側に触れていると、給湯器の配管を経由して冷たい水が流れてきます。給湯器の配管が結露して寿命を縮める原因になりかねるため、お湯を使用しない時にはお湯側から水が出ないように気を付けましょう。


・バーナーが頻繁に点火しないようにする

バーナー自体の点火回数にも寿命があり、個体差はありますが頻繁に点火と消火を繰り返すことで給湯器は消耗していきます。たとえば着火させた後、お湯が出るまで待たずに消火させてしまうと、配管を温めるだけになってしまいます。点火回数を消費することを防ぐためにも、着火してから消火するまで少し時間を置くようにするとよいでしょう。


・入浴剤の使用に気を付ける

入浴剤の中にはガス給湯器の銅配管を傷める成分が含まれているものがあるため、使用する入浴剤の説明書きや給湯器の説明書をよく確認してから使用することをオススメします。


誤った使い方をすると給湯器の寿命を縮めるだけでなく、思わぬ事故や怪我の発生にもつながります。取り扱い説明書を確認し、正しく使うように心がけましょう。


給湯器の寿命が近づいているサイン

給湯器の寿命が近づいているサインの一例を以下にまとめました。チェックの参考にしてみてください。


・給油温度が一定でなくなる

お湯の温度が不安定になるのは給湯器の調子が悪い証拠でしょう。お湯を出している最中、温度が上下することもあります。特にお風呂の際は急に熱湯が出てきてヤケドする危険性もあるため注意してください。


・給湯器がうるさい、異音がする

ガス給湯器は正常に運転している場合でも音はしますが、中で小さな爆発音のような音がした場合、ガスが正常に燃えていないことがあります。


・給湯器の排気から煙が出ている

白い煙は湯気または水蒸気であるため問題ありませんが、黒い煙が出た場合は使用を中止しましょう。ガス給湯器の場合、不完全燃焼により一酸化炭素が発生するおそれがあり、火事になる危険性があります。


・給湯器の一部にサビや汚れがある

目で見て分かる不具合を放置していると、ガス漏れが発生して異常着火の原因になる・機器が変色、変形するおそれがあります。


耐用年数が近い給湯器が故障したときは交換がおすすめ

耐用年数が近い給湯器が故障したときは交換がおすすめ

 

修理後にもほかの箇所が故障することが考えられるため、耐用年数が近い給湯器が故障したときは交換をオススメします。仮に修理できるとしても部品が特注になる、時間がかかる、費用が高額になるといったことが起きやすいです。使用期間が5~8年未満で故障した場合は修理、使用期間が8~10年を超えている場合は交換」と考えておいた方がよいでしょう。


まとめ

さて、給湯器の耐用年数と寿命を迎えたときのサインについて紹介しました。給湯器の耐用年数は約10年。給湯器が寿命を迎えたときの症状として、給湯温度が不安定、異音がする、黒い煙がする、サビや汚れが目立つといったことがあげられました。もし長い間使ってきた給湯器に異常が見られたようであれば、8~10年を目安に修理、交換に出すようにしましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼