最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の交換時期はいつ?交換前に知っておきたいこと

給湯器の交換時期はいつ?交換前に知っておきたいこと

 

給湯器にも寿命があるのはご存じでしょうか?給湯器の寿命は一般的に約10年と言われています。最近給湯器の調子が悪いと感じる場合は、寿命が近付いてきている可能性があります。寿命を把握しておくことで、給湯器の交換時期の目安にすることもできるでしょう。しかし給湯器の交換時期は、設置場所や使用方法などによって異なることがあるのです。

 

今回は給湯器の交換時期や、時期に差が出る原因をご紹介します。給湯器の調子が悪くなるといくつかの症状が発生するため、それぞれの特徴を理解しておきましょう。正しいタイミングでの交換をおこなうことで、トラブルを未然に防ぐことも可能です。

 

 

給湯器の役割と寿命について

給湯器には水を湯に変えて供給するといった役割があり、主に「ガス給湯器」と「電気給湯器」に分けられます。

 

ガス給湯器は必要なときにのみお湯を作る瞬間式であるため、お湯が切れることなく使用することが可能です。電気給湯器は作ったお湯をタンクに貯めこむ仕組みになっています。使用可能なお湯の量が決まっているため、機種によってはお湯切れを起こす可能性があるため注意しましょう。

 

給湯器の一般的な寿命は約10年と言われています。給湯器は消耗品であるため、家族構成や使用頻度によって寿命も異なります。そのため10年を過ぎたとしても使用することもあります。

 

しかし給湯器部品の供給期限は、製造終了から10年というメーカーによる方針があります。そのため10年を過ぎた給湯器の修理部品があるとは限りません。部品がなければ給湯器を修理することができず、交換する必要が生まれます。このような理由から、給湯器の寿命は約10年と言われているのです。

 

交換時期に差が出る原因は?

交換時期に差が出る原因は?

 

給湯器の交換時期は、設置場所や使用方法によって差が出ます。

 

給湯器本体の設置場所

・隣の壁や物置などの障害物との距離が原因

給湯器を設置する際には、本体の前に排気口から排出された排気が滞留しないようスペースを開ける必要があります。十分なスペースがなければ吐き出した排気を吸気口から吸い込み、不完全燃焼や機器内部を傷める原因にもなります。

 

ガス給湯器の排気ガスの成分には、硫黄分が微量ながら含まれています。この硫黄分が空気中や排気中の水分と化学反応を起こしてしまうことで硫酸や亜硫酸など、腐食性の酸が生成されてしまうのです。腐食性の酸が含まれた排気を吸い込むことで、機器内部の配線や部品が劣化し故障に繋がります。

 

・排気カバーや配管カバーの設置状況が原因

排気カバーは排気の方向を変えるための部材です。給湯器の近くに窓やドアがある場合は、排気カバーの方向を変えることで室内に排気が侵入することを防ぎます。機器本体の吸排気をスムーズにすることで、給湯器の寿命を伸ばす効果もあるのです。

 

配管カバーがあることで直接配管に接触することがなくなり、接触による損傷を防ぐことができます。紫外線防止としての役割もありますが、配管に使用している素材が架橋ポリエチレン管である場合は、紫外線に当たり続けることで硬化し割れやすくなってしまいます。配管の傷みは給湯器の寿命にも関係するため注意しましょう。

 

・雨が当たりやすい場所に給湯器を設置していることが原因

給湯器の設置場所が雨のかかりやすい場所であれば寿命が縮んでしまいます。給湯器にとって水は天敵です。防水処理されていたとしても、雨が吹きつけてしまえば、寿命にも影響を及ぼします。ホコリが溜まりやすい場所や湿気が高い場所なども注意が必要です。

 

給湯器の使用方法

・入浴剤を使用していることが原因

入浴剤のなかには硫黄や酸、塩分が含まれているものがあります。入浴剤を浴槽に入れた状態でお湯を追い焚きすることで、入浴剤が含まれているお湯が配管を通ります。配管は金属でできているため硫黄や酸に反応し劣化してしまうのです。白く濁るタイプの入浴剤を使用している場合には、配管に成分が沈殿することがあります。配管に沈殿してしまうことで、追い焚きの熱交換器内で局部沸騰を起こし、寿命を著しく短くしてしまうのです。

 

・定期的な循環アダプターフィルターの洗浄をしていないことが原因

循環アダプターは浴槽のお湯と水の出入り口です。配管にゴミや髪の毛が入り込まないようフィルターが設置されています。このフィルターの目はとても細かいため、定期的な清掃をおこなわなければ詰まりを引き起こしてしまいます。

 

フィルターが詰まることで、追い焚きをする際のお湯と水の循環不良が発生します。そうなってしまうと温度センサーが温度の誤探知を起こしてしまい、追い焚きが止まってしまうのです。このような現象はショートサーキットと呼ばれ、追い焚きによる温度の上昇がおこなえなくなり、給湯器に無駄な負担をかけてしまいます。

 

交換時期を迎えるとこんなサインが出ます

・シャワーなどから出るお湯の温度が一定ではない、設定温度と一致しない
・給湯器でお湯を沸かしているときの音が大きく、着火する際には爆発音のような音がする
・リモコンにエラーコードの表示が出たり消えたりする
・完全燃焼しておらず給湯器から黒い煙などがたまに出てくる
・シャワーから出る湯量が以前より少なくなった
・お湯張りをした際の設定温度がぬるすぎる、もしくは高い

 

このような症状が出ている場合には寿命が近付いている可能性が高いです。故障するまで使用するのではなく、保証期間があるのであればメーカーにサービスの連絡をすることが重要になります。不完全燃焼などが発生した場合には、危険な事故が起こる可能性があります。このような症状が見受けられたら速やかに対処するようにしましょう。

 

給湯器を選ぶポイント

給湯器を選ぶポイント

 

給湯器を選ぶ際には、現在設置しているものと同じメーカーのものを選ぶと良いです。メーカーの違いやタイプの変更により寸法が異なり、新たにタンクを設置しなくてはならなくなるなど、追加費用が必要になる可能性があります。同メーカーの同タイプのものに交換することで、費用や設置の面でスムーズに作業をおこなうことができるでしょう。給湯器の価格は号数や給油専用、フルオート、オートなど機能によって異なるため自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

まとめ

給湯器の交換時期は、寿命や発生する症状から把握することが可能です。調子が悪いと感じた際には速やかに交換することで、トラブルを未然に防ぐことができるでしょう。一般的に給湯器の交換時期は約10年です。しかし設置場所や使用方法によって寿命が異なることもあります。寿命を伸ばすためにも正しい使用方法を心掛けましょう。10年を過ぎた場合には、部品がないといった問題が起きることもあるため注意が必要です。

 

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼