最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器のメンテナンス必要?トラブルを防ぐための重要性

給湯器のメンテナンス必要?トラブルを防ぐための重要性

 

給湯器はすぐに熱いお湯を供給することができるため、どのご家庭でも重宝されていることでしょう。お風呂のお湯を沸かすなど、必要不可欠な役割を担っている給湯器ですが、突然故障してしまう可能性もあります。状態によっては修理期間が長くなるため、その間は不便な生活が強いられてしまうことでしょう。

 

このようなトラブルを防ぐためには、問題発生を未然に防がなくてはいけません。そこで重要視されるのが給湯器のメンテナンスです。今回は給湯器のメンテナンスの重要性とその方法をご紹介します。それぞれを理解しておくことで、故障を防ぎ、長く使用することができるでしょう。

 

 

給湯器のメンテナンスとは?

2009年に長期使用製品安全点検制度が給湯器などの家電に対して制定されました。この制度の目的は、給湯器などの家電が劣化することで発生する事故を防ぐためのものです。給湯器の場合は製造事業者が設計基準使用期間や点検期間を設定し、整備作業をおこなうことが義務付けられています。メンテナンスをおこなう場合は、必要な表示がいくつかあるので理解しておくとよいです。

 

・製造年月
・設計標準使用期間
・点検期間の始期と終期
・特定製造事業者などの氏名、名称、住所
・点検や保守に関するお問い合わせを受けるための連絡先
・製造番号など、特定保守製品を特定するために必要な項目

 

この他にも、いくつか保守サポート体制の整備義務が課せられています。販売事業者は初所有者へ引き渡す際にこれらの内容を説明しなくてはいけないため、所有者はしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

定期的なメンテナンスは必要!その重要性とは

定期的なメンテナンスは必要!その重要性とは

 

給湯器のメンテナンスは、今後より安全に使用するために必要不可欠なものです。給湯器はさまざまな部品で構成されており、それらは使用年数が経過するほど劣化していきます。

 

部品の劣化が進んでしまうと、火事や火災を引き起こす危険性があるので注意しなくてはいけません。メンテナンスを怠ったために、不完全燃焼を起こし一酸化炭素中毒になったという事例もあるそうです。

 

一酸化炭素は、少量でも吸い込んでしまうと死をまねく恐れがある危険なものです。無色、無臭であるため気づきにくいことも厄介なポイントになります。不完全燃焼防止装置が万が一故障してしまえばとても危険なので、このような事故を防ぐためにも定期的にメンテナンスをしておく必要があるのです。

 

給湯器の寿命は約10~15年と言われています。使用環境によっても変わってきますので、あくまで目安としてとらえるとよいでしょう。部品が劣化し故障してしまえば、お湯の温度が一定でなくなることや、お湯を出すときに異音がするといった症状が見られるようになります。これらの不具合が発生した場合は交換を検討しなくてはいけません。

 

しかし、定期的にメンテナンスをしておくことで、部品の劣化にいち早く気付くことができます。故障する前に部品の交換をおこなうことで、このようなトラブルの発生を未然に防ぐことができるのです。事故や故障を防ぐためにも、定期的なメンテナンスの必要性はとても高いと言えるでしょう。

 

定期的なメンテナンスはプロに依頼しなくてはいけない?

給湯器の高度なメンテナンスには特別な資格が必要になります。そのため給湯器のプロがいる業者かメーカーに依頼しなくてはいけません。

 

購入してから約5年を目安に保守点検を受けるとよいです。問題がないようであれば、さらに7年後に再び点検をしてもらうようにしましょう。定期的に保守点検をおこなうことで、劣化した部品の取り換えをしてもらうことができます。劣化による故障を防ぎ、寿命を延ばすことができるためとても効果的です。

 

プロの業者を選ぶ際のポイントも合わせてご紹介するので参考にしてみてください。以下の点に注目しておくとよい業者との出会いがあるかもしれません。

 

・豊富な種類の給湯器を販売している
・対応がスピーディーかつ丁寧
・即日工事に対応している
・知識と経験が豊富なスタッフが在籍している
・工事補償が充実している

 

自分でできる給湯器のメンテナンス方法も!?

自分でできる給湯器のメンテナンス方法も!?

 

自分でメンテナンスをおこなう場合は、外装の汚れを雑巾などで拭き取るだけでよいです。汚れをしっかりと落とした後は乾いた雑巾で水滴を拭き取るようにしてください。この作業をおこなうことで外装が綺麗になるだけでなく、内部にホコリが溜まるのを防ぐことができます。それ以外にもチェックしておくとよいポイントがいくつかあるので知っておきましょう。

 

・給湯器や排気口の周りに燃えやすいものがないか
・配管がゴミや落ち葉により埋まっていないか
・排気口や吸気口がゴミやホコリで塞がってはいないか
・運転中に異音や異臭が発生していないか
・ガス漏れや水漏れが起きていないか 

 

排気口や吸気口がゴミやホコリで塞がられてしまうと不完全燃焼の原因になるため注意してください。屋内に設置されている給湯器も同様に、ホコリなどのゴミが溜まりやすいため、定期的な清掃が必要になります。

 

燃えやすいものを近くに置いてしまうと、それが火事の原因になるということも理解しておきましょう。よしずを雨除けとして使用している場合は燃える可能性があるので、一定の距離をとるように配置してください。枯葉も火事の原因になる恐れがあるため、周囲を綺麗に保つ必要があります。

 

チェックポイントをしっかりと理解し、日ごろから確認をしておくことでトラブルの発生を未然に防ぐことができるでしょう。比較的簡単におこなえるメンテナンスもあるので、故障が心配な方は日ごろの生活に取り入れてみてください。

 

まとめ

給湯器は日常生活に欠かすことのできないものなので、よい状態で保たなくてはいけません。メンテナンスをおこなうことで故障だけでなく、火事などの事故を防ぐことができます。不具合やトラブルにいち早く気付くためにも、メンテナンスはとても重要です。いつ問題が起きるのか分からないからこそ、メンテナンスを施し、日ごろから状態の確認をしておきましょう。

 

簡易的なメンテナンスであれば自分でおこなうこともできます。心配な方は試してみてください。定期的にプロに依頼することも忘れないようにしましょう。正常な状態で長く使用するためにも、メンテナンスの必要性を理解しておくことが重要になります。

 

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼