最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

台風時に給湯器は使える?台風発生時の給湯器トラブルについて解説

 

台風時に給湯器は使える?台風発生時の給湯器トラブルについて解説

 

日常生活している中で、避けることができないのが自然災害による被害です。自然災害にも色々ありますが、特に「台風による被害」はよく受けるので、常に考えなければいけません。

 

台風発生時に、被害を受けないためにも家にあるものを防護していきますが、屋外に置いてある「給湯器」に関してはどうしていますか?

しっかりとしたケースによって守られている屋外給湯器なので、台風による雨風にも大丈夫だろうと思う人もいるかもしれませんが、実は「台風が影響で給湯器が使えなくなる」ことがあります。

 

なぜ台風で給湯器が使えなくなるのでしょうか?使えなくなったときはどうやって対処すればいいのでしょうか?

 

今回は、台風時に起こる給湯器トラブルについて紹介していきます。

 

台風のとき給湯器は使っていいの?

台風が発生し、暴風域に入って雨風がひどいとき、給湯器は使っていいものでしょうか?お湯も出せない状況だと困ってしまいますが、台風時は「給湯器の使用は控えた方がよい」です。

なぜ、給湯器の使用を控えた方がいいのか、起こる現象を紹介しながら説明していきます。

 

使っているとお湯が出なくなることがある

台風時に給湯器を使うと、お湯が出なくなることがあります。

普段はお湯が出ることが当たり前なので、台風時でも大丈夫だと思ってお風呂に入ろうとすると水しか出なくて驚いてしまうかもしれません。

一度お湯が出なくてなんとかお湯を出そうと給湯器の操作パネルを無理矢理触ったりすると壊れてしまうかもしれないので、お湯が出ない状況になったら給湯器の使用をやめてください。

 

台風が起こると「お湯が出なくなることがある」と考えながら、行動するのがよいでしょう。お湯が出ないと思って行動していって、最初から給湯器の使用を控える方法もありかもしれません。

 

安全装置が働いて点火しなくなることがある

台風発生時、「給湯器の安全装置が働いて使うことができない」ということがあります。

この安全装置は、給湯器内で漏電を防止するためにブレーカーが落ちることにより働きます。このブレーカーが落ちたからといって、設置してある給湯器を無理矢理開けて直そうとするのはよくありません。

 

無理矢理直そうとすると壊れてしまうかもしれないので、ブレーカーが落ちてお湯が出なくなったら、まずは台風が過ぎ去るまで待って給湯器を使わないようにしてください。

 

台風時に起こる給湯器トラブルの原因

台風時に起こる給湯器トラブルの原因

 

なぜ台風が原因で給湯器が使えなくなるのか気になると思います。ここでは、使えなくなる原因について説明していきます。

 

給湯器に水が入る

台風が原因でお湯が出なくなるのは、「給湯器の中に水が入ってしまう」からです。

屋外に設置してある給湯器の多くは、ケースのところに穴が開いていたり、すき間が開いています。これは排気口の穴であったりするのですが、その穴から水が入り込んで、給湯器がうまく働かなくなることです。

普段の雨ぐらいだと給湯器の中に水は入り込まないのですが、台風のときは風が強く、横殴りの大量の雨が降ってくるので、給湯器の中に水が入ってきます。

そのため、台風のときは給湯器が動かなくなる確率が高まってしまいます。

 

湿気

内部の湿気が原因で給湯器が使えなくなることがあります。

給湯器の内部は湿気が大敵です。給湯器はガスを点火させるために、点火装置というものを使っています。この点火装置は湿気によりつかなくなってしまうことがあり、その結果給湯器が正常に動かなくなるのです。他には、内部のケーブルが湿気によりうまく動かなくなってしまうこともあります。

 

大雨による水没

台風時は大雨によって水浸しになり、水が溜まってしまうと地面近くに設置してある給湯器が水に浸かってしまうことがあります。給湯器が水に浸かってしまうと内部の基盤が使い物にならなくなってしまうので注意が必要です。

 

給湯器が水没してしまうと、内部の基盤とゴミやホコリが原因で基盤がショートし、動かなくなってしまいます。この状況になると、基盤を修理・交換するしか直す方法がなくなってしまうので、台風がよく発生する時期は定期的に給湯器が水没していないかチェックしてみてください。

 

台風時の給湯器トラブル…対処法は?

台風時の給湯器トラブル…対処法は?

 

台風が発生しているとき、または台風が過ぎたあとの給湯器トラブルへの対処法について紹介していきます。

 

丸一日置いてから再度使用してみる

台風が発生していて、外で大雨が起こっている状態で給湯器を守ろうとするのは難しいです。何より外に出てしまうと自分が台風による被害にあってしまう危険性もあるので、台風発生時は給湯器を触らないようにしてください。

もし台風が影響で給湯器が使えなくなり、お湯が出なくなったら、給湯器の使用は控えてください。

 

給湯器を使えるようにするためには、台風が過ぎ去ったあとに対処するようにしてください。

実際どのような対処法をするのかというと、まずは「丸一日放置すること」です。

無理に給湯器を開けて直そうとはせずに、ただ一日待ってみてください。

 

大雨により水浸しになった内部も、一日置けば乾燥して復帰することが多いです。特に台風あとのよい天気が影響して給湯器が復帰することがあるので、気長に待ってみてください。

 

待っても直らない場合は、業者に依頼しよう

台風が過ぎ去ってから、丸一日待ってみます。待ってみると内部が復帰して給湯器が再び使えることがありますが、いくら待っても使えないこともあります。

何日待っても使えない状態だと、内部が故障している状態の可能性が高いです。自分では給湯器の内部を直すことができないので、業者に修理を依頼するようにしてください。

 

給湯器の種類によっては、捜査パネルやリモコンにエラーコードが出ることがあります。そのエラーコードで故障の原因が分かるかもしれないので、確認してみてください。確認した上で、修理業者に給湯器の原状とエラーコードを伝えて、修理に役立ててみてください。

 

まとめ

台風発生時、屋外に設置してある給湯器はどうしようもすることができないので、定期的に様子を見ながら待つようにしてください。

 

台風の大雨が原因で給湯器が使えなくなることがあります。使えなくなった場合は、給湯器の使用を控えるようにしてください。また、給湯器が使えなくなるということを分かった上で行動すると、いざ使えないときの対処がしやすくなるかもしれません。

 

給湯器が使えなくなったときの具体的な対処法は、「丸一日待つこと」です。待てば内部が乾燥してまた使える可能性が高いです。

 

待っても直らない状況の場合は、専門の修理業者に依頼してみてください。自分では直すことができない内容でも、専門のプロならしっかり直すことができて、また安心して給湯器を使うことができるので、依頼することをオススメします。自分だけで給湯器の内部を開けて修復しようとするのは控えましょう。感電やガスによる危険性も考えられます。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼