鳥取県対応業者のご紹介

株式会社グリンコープ建築事業部
鳥取県で給湯器の取り付け、交換、修理サービスを行っているのが「株式会社グリンコープ建築事業部」です。キッチンやお風呂など、お湯を毎日のように使う設備には給湯器は欠かせない存在。ただ、設置場所がベランダや裏側の外壁など、普段は目につきにくいところにあるため、何か異常があったとしてもすぐには気付かず、見逃してしまうことの多い機器でもあるのです。いくつか異常の兆候はありますが、一定温度に設定しているにも関わらず、使っていて温度ムラを感じるようであれば、異常或いは経年劣化が考えられます。そんな状態で使い続ければ、火災や一酸化炭素中毒など大きな被害にも発展しかねませんので、少しでも異常を感じたのならば、「株式会社グリンコープ建築事業部」のような給湯器に詳しい業者に点検をしてもらうと安心出来ることでしょう。
三光リニューアル事業部
「三光リニューアル事業部」は、鳥取県において給湯器関連サービス事業を行っている会社の一つです。主に、給湯器の交換・取付・修理などを行っています。住まいの設備の多くはおよそ10~15年という耐用年数があります。もちろんその年数で壊れてしまうというものではありませんが、安全かつ長く使い続けるのであれば、定期的なメンテナンスが重要となります。特に給湯器の場合は、屋外に設置されることが殆どで、雨風や厳しい気候に晒され、他の設備よりも損傷や劣化が著しいことも珍しくありません。「三光リニューアル事業部」は単に依頼があった給湯器を交換・修理するだけでなく、定期的な点検などもしっかり対応して不具合を見つけてくれる、頼りになる存在です。
鳥取県の給湯器取り付け・交換・修理

鳥取県の冬季期間と最低気温、凍結による給湯器の故障注意について

鳥取県は中国地方の日本海側に位置しており、西日本有数の豪雪地帯となっています。人口は60万人近く有しており、県内は全国で最も人口の少ない地域となっています。冬場の気温は住宅内部にも冷え込んできてしまい、多くのご家庭で空調機器を利用されていることでしょう。エアコンやストーブ、ファンヒーターの利用は室内をあっという間に暖めてくれるのですが、最も効率的な方法は、湯船やシャワーなどのお湯を浴びることです。寒さは万病の元と言われており、健康な日々を過ごすためにも給湯器の利用は欠かせません。一度冷めきってしまった湯船であっても、給湯器の機能により再び温めなおすことも容易となります。また、キッチンでの洗い物も、手荒れの心配もなくなることはもちろん、お湯を利用することで油汚れなどが簡単に落ちることから、多くの飲食店でも利用されているのです。しかし、便利な製品は永久的に使用することができないことから、定期的な修理は大切です。交換が必要になるほど使い込むことは、地球環境の維持にも繋がるため、なるべく修理を行い、交換が必要となった際には早急に行いましょう。ただ、故障を起こしてしまわなくとも、使用ができなくなる場合があります。住宅内部に取り付けられている電気製品はそのような心配はありませんが、住宅外部に取り付けられている給湯器は、凍結により使用ができなくなる場合があるため、注意が必要です。ほとんどの凍結には、お湯をかけることで解消することができますが、給湯器に掛けることは必ず控えておきましょう。故障の原因となるため、早急な修理や交換が必要となります。凍結の被害から回避するためには、徹底的な予防を行うことが大切です。本来給湯器には凍結予防の機能が備わっていますが、長く使用されている状態にあるのであれば、正常に作動しない場合があるため、冬が来る前に修理をしておくことが大切です。また、使用するときにだけ電源を入れていては、却って電気代を多く使用することに繋がるだけでなく、凍結機能が作動しないこともあるため、冬場は必ず電源を入れておくことをお薦めします。鳥取県の最低気温が0度となる冬日の日数は、平均にして34日、最高気温が0度となる真冬日の日数は、平均にして9日となっています。2015年度の情報ではありますが、それでも氷点下を下回る日数が多いことから、凍結が起こりやすい地域にあるのです。最も低かった最低気温は‐10.3度と観測されているため、急激な冷え込みにも対応できるよう、給湯器の状態は良好なものとしておきましょう。住宅内部の快適な環境を維持するためにも、あらゆる製品の状態を今一度確認しておくことが大切です。使用できなくなる事態を防ぐためにも、先ずはできることから始めていきましょう。

給湯器110番の鳥取県地域における対応エリアについて

  • 鳥取市
  • 米子市
  • 倉吉市
  • 境港市

給湯器取付け・交換・修理 依頼の多いエリア

給湯器の故障による修理・交換が多い地域とは

給湯器の故障に伴う修理や交換の件数は、やはり冬の寒さが厳しい地域で多くなっています。そうした場所では使用されている給湯器の数も多く、寿命による給湯器の交換などの機会が頻繁であることの他、配管の凍結からくる故障も生じやすくなっています。こうした寒さにまつわる故障は北海道や東北の地域をはじめ、九州地方などでも内陸部で冬に発生が増えることで起きる故障です。その際にはメンテナンスの不足していた配管が破裂するなどして、給湯器の修理や交換が必要になることも見られています。

給湯器のトラブルでお急ぎの方へ

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼