富山市の給湯器取り付け・交換・修理

富山市の冬季期間と最低気温、凍結による給湯器の故障注意について

富山市は日本海側に面しており、冬には雪が積もり雨の日が多くなり、気温が下がります。年間の平均的な降雪量は383センチで青森市や札幌市に続く降雪の多さになっております。いわゆるドカ雪と呼ばれる、1日に数10cm以上の降雪量を記録することも珍しくありません。以前のデータを確認すると、最低気温が0度未満になる平均日数は34日となっており、最低気温は-3.3度を記録しています。このように気温が下がる地域では、暖房設備が必要なときにきちんと動くかメンテナンスをしておく必要があります。そのなかで給湯器は家の中で温水を使ったり、毎日浴室で体を洗ったりするために欠かすことはできません。雪が降った日に急に給湯器が故障してお風呂に入れなくなった、という事態が起こらないように、給湯器の凍結対策をあらかじめ知っておくことが必要です。給湯器が凍結してしまうと家の中でお湯が使えなくなるだけでなく、水漏れを起こして部品の交換や修理が必要になってしまうことがあるのです。まず凍結予防のヒーターが給湯器に内蔵されている場合は、活用しましょう。外気の温度が凍結する恐れがあるまで低下すると、自動的にヒーターが作動し、給湯器が凍結するのを防いでくれます。そのためには、給湯器の電源プラグがコンセントにきちんとささっているか、リモコンの表示を目視して凍結予防ヒーターがきちんと動作しているかを確認するのが良いでしょう。次に富山市などの寒冷地で良く行われる凍結防止方法は、お風呂のお湯を約4ミリの幅になる程度、流し続けるという方法です。極寒の中であっても、給湯器の中でお湯を沸かし続けることになるので凍結して故障することを防ぐ事ができます。お湯を流し続ける際は、お湯の量が不安定になる場合があるので、30分程経過したら水量を確認するのが良いでしょう。お湯が途中で止まってしまうと凍結してしまう危険性があります。また、外気が極端に低くなる場合は、給湯器内の水抜きを行い、凍結を防ぐ方法があります。これは外泊などによって長期間、給湯器を使わない場合も、給湯器の水抜きを行うことが凍結による故障を防ぐには有効です。水抜きを行う際は、給湯器を利用した直後だと熱湯が内部から出てきますのでヤケドに注意する必要があります。給湯器をある程度冷ましてから、水抜きを行うのが良いでしょう。このような対策を行っても、万一給湯器が凍結してしまったら、適切に対処を行いましょう。一番給湯器にとって負担の少ない解決方法は自然解凍になります。晴れている日であればお昼の10時頃になれば気温が上昇し、水が流れるようになってきます。次に給水元栓の周辺にぬるま湯に浸したタオルをかける方法があります。この時に注意が必要なのは、熱湯を使わないことです。急に熱湯を使ってしまうと、配管が破裂し修理が必要になる恐れがあるからです。富山市のように、冬に豪雪地帯になるような地域では、給湯器を定期的に消耗部品の交換などメンテナンスを行い、急に故障しないように配慮をするのが良いでしょう。

給湯器取付け・交換・修理 依頼の多いエリア

給湯器の故障による修理・交換が多い地域とは

給湯器の故障に伴う修理や交換の件数は、やはり冬の寒さが厳しい地域で多くなっています。そうした場所では使用されている給湯器の数も多く、寿命による給湯器の交換などの機会が頻繁であることの他、配管の凍結からくる故障も生じやすくなっています。こうした寒さにまつわる故障は北海道や東北の地域をはじめ、九州地方などでも内陸部で冬に発生が増えることで起きる故障です。その際にはメンテナンスの不足していた配管が破裂するなどして、給湯器の修理や交換が必要になることも見られています。

給湯器のトラブルでお急ぎの方へ

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼