宇都宮市の給湯器取り付け・交換・修理

宇都宮市の冬季期間と最低気温、凍結による給湯器の故障注意について

栃木県の中部に位置し、「男体おろし」、「二荒おろし」などと呼ばれる北よりの冷たい風が吹くことで知られる宇都宮市。真冬の最低気温の平均は氷点下3度前後、寒さが厳しい日は氷点下5度近くまで気温が下がることもあります。そんな冬場の寒い日に、お湯が突然出なくなってしまうということはもはや非常事態とも言えるのではないでしょうか。お湯が出なくなるというのは、主に給湯器が何らかのトラブルを起こしていることが原因です。特に気をつける必要があるのが、気温が低くなる冬です。なぜかと言いますと、給湯器や配管があまりの寒さで凍結し、それによって故障したり、また水道管が破裂したりするおそれがあるからです。そこで、給湯器の凍結による故障を防ぐために出来ることとして挙げられるのが、水抜き・湯抜きです。まず、水抜きというのは、水道管の凍結を防ぐために行うもので、蛇口から水を出しながら元栓をしめることで、水道管の中にある水を抜く作業です。次に、湯抜きというのは、給湯器の配管に残った水を排出するために行うもので、配管の形状によって方法が違ってきます。例えば、天井配管の場合ですと、お湯が出る蛇口を全て開けた状態にしますが、床下配管の場合は、蛇口を開けて、お湯抜きバルブに水を集めて最後にバルブを開けて水を抜くというように、それぞれ必要な操作があります。一般的に水道が凍結すると言われている温度は氷点下4度くらいとされています。宇都宮市では1月から2月にかけて特に冷え込みが厳しさを増す傾向にありますから、天気予報などで翌日の予想最低気温をチェックしておいて、必要に応じて寝る前などにこの作業をしておくことをおすすめします。また、出張や旅行などで長期間にわたって留守にするときは、この作業を済ませてからお出かけになるといいでしょう。さらに、給湯器に凍結防止装置が付いている場合は、コンセントやスイッチを抜かないようにすることも重要です。それでも凍結してしまったときは、自然解凍してから機器の状態に異常がないか確認し、適宜修理や交換を依頼するようにしましょう。冬場は給湯器の修理依頼が増える傾向にありますので、心配なようでしたら、寒くなる前に点検をする、また今使っている給湯器を長年使っている場合は新しいものに交換するなど、事前に対策をしておくのも有効な手立てではないでしょうか。

給湯器取付け・交換・修理 依頼の多いエリア

給湯器の故障による修理・交換が多い地域とは

給湯器の故障に伴う修理や交換の件数は、やはり冬の寒さが厳しい地域で多くなっています。そうした場所では使用されている給湯器の数も多く、寿命による給湯器の交換などの機会が頻繁であることの他、配管の凍結からくる故障も生じやすくなっています。こうした寒さにまつわる故障は北海道や東北の地域をはじめ、九州地方などでも内陸部で冬に発生が増えることで起きる故障です。その際にはメンテナンスの不足していた配管が破裂するなどして、給湯器の修理や交換が必要になることも見られています。

給湯器のトラブルでお急ぎの方へ

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼