最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の耐用年数って何年?寿命と交換タイミングや故障対処法

給湯器の耐用年数って何年?実際の寿命と交換タイミングや故障対処法

 

毎日の癒しタイムであるお風呂。そんなお風呂のお湯を作るために欠かせないのが「給湯器」です。そんな給湯器ですが、最近気になる不具合などはありませんか?一般的に給湯器の耐用年数は約10年。10年以上使い続けているお宅はいちど点検が必要かもしれません。

 

今回は、毎日の生活に欠かせない給湯器の耐用年数についてお伝えします。給湯器が使える年数や長く使い続けるためのコツ。またこの症状がでたら要注意!な給湯器からの危険信号について紹介します。

自宅の給湯器が少しでも気になるかたはぜひ参考にしてみてください。

 

 

給湯器の耐用年数は?寿命はだいたい10年ほど?

お風呂のお湯を沸かすために欠かせない給湯器。一般的に給湯器の耐用年数は約10年が目安といわれています。耐用年数は使用している環境や、使用頻度によっても寿命は変わってきます。

 

ガス給湯器が寿命を迎えるまでの原因と傾向

ガスを使った給湯器の場合は、使用する家族構成や使う回数によって耐用年数は大きく異なります。たとえば夫婦2人暮らしの場合と、お子さん含め5人の家族では給湯器を使う回数は大きく異なるでしょう。たくさん使えばそれだけ使える年数も短くなります。

 

また、給湯器が本格的な故障をする前には、なんとなく給湯器から不具合を感じていることが多いそう。使えるんだけど、なんだか違和感を覚える。しかし、そのまま使い続けた結果給湯器の故障につながる。そういったケースが多いようです。

 

10年選手も多いが、7年ほどで修理になる給湯器がほとんど 

給湯器の一般的な寿命は約10年。しかし、修理する必要がある給湯器は使用年数が7年ほどのものが多いそう。使用から7年が経過すると給湯器にも徐々に不具合が出始めます。その代表的なものは水の漏れや異音、お湯の出が悪くなる、など。

 

使用から7年以上たっても不具合がない場合は使用の頻度が多くない、もしくは大切に使っているケースだと思われます。しかし今後不具合が出てくる可能性は高いので、少し気を配りながら使用するのがよいでしょう。

給湯器を耐用年数より長持ちさせたい 

給湯器を耐用年数より長持ちさせたい 

 

給湯器の耐用年数は約10年、長く使えても15年ほどです。しかし、給湯器も使い方によっては長持ちさせることが可能です。ここでは給湯器をできるだけ長く使うために、役立つ情報をお伝えします。

 

入浴剤と給湯器の関係

お風呂のお湯をもう一度温める便利な追い炊き機能。とても便利な機能ですが、入浴剤を入れたお風呂で追い炊きをおこなうのは、給湯器の寿命を縮めてしまう原因になるのをご存じでしたか?

 

入浴剤の成分には硫黄や酸性のものも含まれています。入浴剤を入れたお風呂に追い炊きをすると、給湯器の配管にも入浴剤の成分が入り込み、配管の傷みや劣化につながります。入浴剤を入れたら、できるだけ追い炊きは避けたほうがよいでしょう。

 

フィルター掃除が給湯器の負担を減らす

フィルターがつまると、給湯器からのお湯の流れが循環不良を起こします。循環不良を起こすと給湯器にも負担がかかるため、給湯器の使用年数を縮めてしまうきっかけにも。フィルターの掃除をこまめにおこなうことで給湯器を長く使うことができるでしょう。

 

給湯器の排気環境を確認する

給湯器の排気スペースは十分に確保されていますか?給湯器の排気スペースが十分に確保されていないと、不完全燃焼を起こし給湯器内部の部品や配管を傷める原因になります。排気のスペースは最低60㎝。どうしても取れない場合は排気カバーを活用しましょう。

困る前に!この症状が出たら給湯器交換の手配を! 

給湯器の調子がなにかおかしい。普段とは違うこんな症状が出始めたら、給湯器の耐用年数に関わらず、給湯器の修理や交換が必要になります。

 

給湯器から普段しない音がする

ガス給湯器は、普段からお湯を沸かすために音がするもの。しかし、この音の種類がいつもと違ったら要注意です。

とくに危険な音は「ボン」っという小さな爆発音。爆発音がするときはガスの燃焼が適切におこなわれていない可能性があります。すぐに専門業者に相談をしたほうがよいでしょう。

 

お湯の温度が不安定

シャワーの温度は普通安定するまでに約1分の時間がかかります。しかし、シャワー使用中に頻繁に熱湯や水が出たりしたら危険信号です。使用中の温度変化は給湯器の不具合のサイン。こちらのケースも、すぐに専門業者へ相談をしましょう。

 

給湯器から煙が発生!

給湯器のなかからモクモクとあがる黒い煙。黒い煙が給湯器から現れたらかなり危険な状態です。給湯器から火事につながる恐れも…。すぐに使用を中止して、専門業者へ連絡を。ちなみに、白い煙は問題ないので安心してください。

交換と修理、どっちがコスパ的にいい?

交換と修理、どっちがコスパ的にいい?

 

給湯器の不具合や故障。給湯器の耐用年数は約10年です。給湯器を修理するか新しいものに交換するかはこの耐用年数を目安にして考えるのがよいでしょう。

 

使用年数を目安に考えよう

給湯器を長年使い続けて、気付けば10年。そのタイミングの故障は新しい給湯器への交換を検討したほうがよいかもしれません。10年を超えた給湯器はメーカーに部品がないことも多く、修理に費用がかかることがほとんど。

また、たとえ修理をおこなっても、故障箇所以外の部分が再度故障するリスクもあります。費用の積み重ねで、最終的にかかる費用は新品を買ったほうが安かったということにもなりかねません。使用年数が10年に近い給湯器は、交換を検討したほうがよいでしょう。

逆に給湯器の使用年数が5年や7年であれば修理をしたほうがよいでしょう。メーカーや設置業者の無料保証期間内であれば費用も抑えることが可能です。

給湯器を新しいものにする際に、知っておきたい情報が給湯器の「号数」についてです。号数とは給湯器からいちどに使えるお湯の量を表した表示のこと。交換の際に業者に確認すれば大丈夫かと思われますが、予備知識として知っておくとよいでしょう。

 

定期的な点検が給湯器の耐用年数を伸ばす!

平均的な使用年数は10年といわれる給湯器ですが、定期的な点検やメンテナンスをおこなえば、使用する期間を伸ばすこともできるといえます。フィルターのこまめな掃除や排気口の確保など、日常的にできることはもちろん効果的です。

一方で、長く給湯器を使っているお宅ほど、不具合や故障が起こる前に、業者による定期的な点検をおこなうのがよいでしょう。不具合のサインやこれからより長く使うための相談をすることもできます。

給湯器のことが少しでも気になるかたはぜひいちど相談してみてはいかがでしょうか?

まとめ

給湯器の耐用年数は約10年。これを伸ばせるか否かは普段からのこまめなメンテナンスや点検をおこなうことにかかっています。自宅でも掃除や排気口の確認など、すぐにおこなうことができることもあるのでまずは確認してみるのがよいでしょう。

 

また、すでに長年給湯器を使っているかたは、不具合や故障の前に専門業者に相談をしてみるのがよいでしょう。まだ大きなトラブルがなくても今後起こる可能性は十分にあります。事前に対策、予防をしておけば安心して使い続けることができますよ。

 

給湯器は毎日のリラックスタイム、お風呂の仕組みを支えるとても大切なものです。

より長く快適に使い続けるためのコツを実践してみてください。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼