最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器を比較してわが家に必要なタイプを知る!重視するポイントは?

Japanese_Electric_Water_Heater

 

お湯を沸かすための機械、給湯器は現代の生活には欠かせません。寒い日の朝の洗顔タイムも、ゆっくりとリラックスするためのバスタイムも、給湯器なしでは快適に過ごすことは難しいでしょう。そんな給湯器には、さまざまな種類があるのをご存知でしょうか?

 

今回は給湯器の主な特徴を踏まえて、それぞれの種類を比較していきます。これから給湯器を新しく設置しようと考えているかたや、買い換えを検討しているかたはぜひ参考にしてみてください。自分の理想とする給湯器がどれか、きっとわかるようになりますよ。

 

 

給湯器の種類を比較!それぞれどんな特徴がある?

お湯を沸かす給湯器には、いくつかの種類があります。ご自宅に設置する給湯器はそれぞれのお宅の状況に合わせることが大切でしょう。ここでは、主な給湯器3種類の特徴を比較していきます。

 

電気給湯器

電気給湯器は、あらかじめ沸かしておいたお湯をタンクから引っ張って使います。そのため、使いたいときにはすぐに暖かいお湯が出てくるのが特徴です。温めておいたお湯をいつでも使えるので、構造としては電気ポットに近いものですね。

 

電気式給湯器の強みは、オール電化で対応可能なことです。ガスと電気を2種類使うより光熱費の管理も容易でしょう。沸かすための電気代も、基本的に割安な深夜帯の電気を使うため、光熱費を抑えることも可能です。

 

ガス給湯器

ガス給湯器は、昔から使われているタイプの給湯器です。お湯を使うときに初めてお湯を沸かすため、電気給湯器のようなタンクは必要ありません。コンパクトです。お湯が出てくるまでに若干のタイムラグがあることはガス給湯器のデメリットといえるでしょう。

 

電気給湯器はタンク内のお湯が切れるとすぐに使うことができないのに対して、ガス給湯器は使うたびにお湯を生み出すため、湯切れをすることがありません。大人数でお湯をたっぷり使うお宅にはオススメといえるかもしれません……!

 

石油給湯器

石油給湯器は、数ある給湯器のなかでもランニングコストが安いことが魅力です、とくに寒い地方で頻繁に使われています。沸かすパワーもガスと同様に強く、給湯機能は抜群といえるでしょう。

 

しかし、石油給湯器は使用中に臭いがしたり、石油タンクの取付が必要だったり、給油の手間がかかったりといくつかのデメリットもあります。また、燃料が灯油であるため、ランニングコストに原油価格の変動を受けやすいのも要注意です。

 

気になる費用を比較!ランニングコスト

7a239331bf709d449914061a869d1fd8_s

 

給湯器の設置を考えるときに気になることの筆頭が給湯器の光熱費、ランニングコストでしょう。一般的に給湯器のなかでもっとも光熱費が安いのは、石油給湯器といわれます。

 

次に光熱費が安いのは電気給湯器です。電気給湯器はお湯の過剰な利用を控え、沸かす時間を深夜帯のみにすることで電気代を大きく節約することが可能です。

 

給湯器のなかで光熱費が一番かかるのはガス給湯器です。

 

ガス給湯器のなかでも「都市ガス」を使うものと「プロパンガス」を使うものがありますが、光熱費が安いのは都市ガス、高いのがプロパンガスです。ガスは地域によって値段も違うので、あくまで目安としてください。

 

耐用年数は種類によって多少は違う

給湯器の特徴やランニングコストを比較することは、購入を前にすれば当然気になるところでしょう。しかし、同様に重要なのが給湯器の「耐用年数」です。耐用年数とは使用できる年数のことで、給湯器の耐用年数は次の買い替えや修理の時期にも影響します。

 

ここでは耐用年数が短い順に紹介します。それぞれの給湯器の耐用年数は下記のとおりです。

  • ・石油給湯器:約10年
  • ・ガス給湯器:約15年
  • ・電気給湯器:約15~20年

 

光熱費、ランニングコストで見れば優位だった石油給湯器も、耐用年数ではほかの2種類より短めです。次いでガス給湯器、一番耐用年数が長いものは電気給湯器になりました。

 

ここで注意したいのが、この耐用年数はあくまで「目安」ということです。耐用年数は給湯器を使用する頻度や環境によって大きく変化します。とはいえ、給湯器購入の際の参考になることは間違いないでしょう。

 

自分に合う給湯器の探し方チェックポイント 故障以外で、見落としがちなチェックポイントとは?

 

給湯器を探すときは、単純に給湯器の種類や特徴だけで選ぶのは控えたほうがよいでしょう。給湯器を購入するときは、下記のポイントにも注意するようにしてください。

 

号数をチェック

号数とは簡単にいえば、給湯器が供給できるお湯の量を表したもの。号数の数字の大きさは1分間に供給できるお湯の量を示しています。たとえば号数20号の給湯器は、1分間に約20リットルのお湯を供給することができます。

 

この号数は給湯器を選ぶときの大切なチェックポイントです。とくにご家族が多い家では号数の選択は住環境にダイレクトに影響します。事前に必ず適正な号数を確認しておきましょう。小さすぎる号数では、使用量に対してお湯の供給量が足りなくなってしまいます。

 

設置場所をチェック

給湯器が設置できる場所は1か所ではありません。家の環境によって給湯器を設置する場所は異なるでしょう。設置できる場所は戸建てかマンションかでも大きく変わります。給湯器は設置する場所に合わせて、いくつかのバリエーションが用意されています。

 

・屋外壁掛型

屋外設置型は主に戸建てに使われるタイプです。家の外側に設置するタイプで、設置するためにはある程度のスペースが必要になります。

 

・屋外据付型

地面やブロックに設置するタイプの給湯器で、壁掛型よりも大型なことが特徴です。壁掛型とは異なり、給湯器の横から配管が出ているのが大きな特徴で、「設置フリー型」と呼ばれることもあります。使用できるのは戸建てのみとなっています。

 

・PS設置型

PSとは「パイプスペース」の略です。PS設置型は主にマンションで使われるタイプで、玄関の横についています。こちらのタイプは給湯器のための扉が付いていないタイプです。

 

・PS扉内設置型

こちらのタイプは同じくパイプスペースに給湯器を設置するもの。給湯器の前に扉が付いています。

 

総合してどれがいいの?

自宅に設置する給湯器を選ぶ際は、記事で紹介してきた特徴や光熱費などのランニングコスト、号数や設置場所まで加味して選ぶ必要があるでしょう。それらを含めた上で、最終的に給湯器本体の価格を加えて判断するのが一番の方法です。

 

選ぶべき給湯器が決まった!設置するときは優良業者に依頼しよう

給湯器を設置する際の判断材料は揃った、ある程度自分の希望も固まった、そうなったら決めるべきは作業を依頼する業者です。いくら自分の希望を決めても、その希望に沿った給湯器の提案や、丁寧な作業をおこなってもらうことができなければ本末転倒です。

 

給湯器の設置業者を選ぶときは、下記の3つを中心にして、依頼する業者を決めるのがよいでしょう。

 

すぐに駆け付けてくれる

給湯器を設置したい、そのための判断基準のひとつは作業の迅速さです。作業が丁寧な業者は相談や対応が早いこともその大きな特徴です。連絡をしてすぐに駆け付け、もしくは段取りをつけてくれる業者は優良な業者といえるでしょう。

 

知識がある

給湯器には本体以外にも、さまざまな情報が溢れています。こうしたさまざまな知識を備えていることも、優良な業者の判断基準になります。こちらの相談に対して、適切に話のキャッチボールをしてくれる、そんな業者がよいでしょう。

 

アフターフォローがある

給湯器は生活に深く関わる建具のひとつです。使用中に思いがけない不具合や故障を起こしてしまうこともあるでしょう。そんなとき、設置をしてくれた業者が対応をしてくれたら安心ですよね。優良な業者はアフターフォローも充実しています。

 

これらの要素を加味して、給湯器の業者選びを進めてみてください。費用面が気になるというかたは、いくつかの業者に見積りを依頼してみるのもよいでしょう。給湯器は生活に長く関わります。失敗のない業者選びのために、この項を参考にしてみてください。

 

まとめ

ここまでさまざまな観点から給湯器を比較してきました。ガスに電気に石油と、給湯器にはさまざまな特徴や違いがあります。自宅の環境に合わせて、適切な給湯器が選べるように、ぜひ今回の内容を参考にしてみてください。

 

また、希望の種類が決まった、あるいはプロに相談して決めたいという人は、すぐに業者に相談をしてみるとよいでしょう。給湯器はお風呂をはじめとして、生活のなかで大切な「「お湯」を生み出すもの。満足のいくものを選んで、快適な生活を始めてみてくださいね。

 

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼