最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

追い炊きの仕組みと「あるある」お悩み解決法

追い焚きの仕組みを知ろう!追い焚き機能に関する悩みはココで解決!

 

寒くなるこの季節、冷え性で眠れない。寒すぎて早く温まりたい。年末の忙しさでゆっくりしたひと時が欲しい。理想は温泉なのですが、ゆっくり行ける時間がないからこそ、毎日のお風呂の時間を大事にする人も多いと思います。

 

しかしゆっくりお風呂に浸かっても、冬だとすぐお湯がぬるくなって、風邪をひいてしまう場合も……。長時間温かいお湯に浸かりたい。そのための追い焚き機能です。

 

今回はこの追い焚きについてのコラムになります。追い焚きの仕組みや機能、使用上の注意や不具合が起きてしまったときの対処法まで。これを読めばあなたも追い焚きについて理解が深まると思います。

 

追い焚きについて知識を得て、今夜も温かいお湯に浸かってリラックスタイムをしていきましょう。

 

 

追い焚きの仕組みについて理解しよう

まずは「追い焚き」ということについてから見つめていきましょう。追い焚きといえばお風呂に浸かるときのイメージがあると思います。基本的に寒い時期に特に使う機能ですね。外気に触れ温度が下がってしまったお風呂のお湯を温め、快適な温度まで戻す。これが追い焚きになります。

 

追い焚きについてはこのコラムを読んでいるほとんどの人がご存知だと思います。ではそんな追い焚きの機能についてはご存知でしょうか?追い焚き機能は2種類あるのです。これからは2つの追い焚き機能について説明していきます。

 

追い焚き機能は2種類

追い焚き機能の2種類。まず名称からいいますと「循環釜直結方式」「給湯方式」です。この2つの追い焚き機能は、具体的にはどのようになっているのでしょうか?2つの機能について説明をしていきます。

 

●循環釜直結方式

お風呂の浴槽と風呂釜を繋いで追い焚きをする方法です。風呂釜とは浴槽に貯めた水を熱いお湯まで沸かす機械です。そんな循環釜直結方式の中にも「自然循環方式」と「強制循環方式」があります。

 

自然循環方式は浴槽の中に上下2つの配管口があり、下からはぬるくなった湯を吸い込み沸かし、上から出すという水からお湯への循環をする追い焚き方式です。

 

また強制循環方式は浴槽の配管口は1つでお湯を吸い込み、ポンプ部分で一気に加熱し外に出す追い焚き方式です。

 

どちらも浴槽内のお湯を使って追い焚きしますので、水道代の節約になります。ただし追い焚きをする配管内に汚れがあると、熱くて汚いお湯が焚かれることになります。

 

●給湯方式

給湯方式はその名の通り、熱いお湯をつぎ足しして、お湯の温度を戻す追い焚き方法です。一般的に「足し湯」といわれる方法です。浴槽のお湯が少なくなっている場合に有効な方法です。デメリットとしては新しいお湯を使うので、水道代もかさんでしまうということでしょう。

 

追い焚き機能がついた給湯器

給湯器はボイラーと呼ばれるお湯を出す機器です。そんな追い焚き機能がついた給湯器はたくさん市販されています。給湯器の仕組みはどれも似ていますが、燃料を出す方法で分かれています。そんな主な給湯器の特徴を燃料ごとで見てみましょう。

 

●ガス給湯器

都市ガスやLPガスを燃料としてお湯をつくります。またガス給湯器には「貯湯式」「真空式」「直圧式」があります。一番低コストは直圧式で、お湯の使用量が少ない場合に使用します。お湯の使用量が多い場合は、貯湯式が一般的です。

 

●電気給湯器

電気を使って給湯器内部の水をお湯にして貯め、給湯をします。キッチンなどの蛇口からお湯を給湯するときなどに使われます。別名で電気温水器をも呼ばれます。

 

●石油給湯器

石油と名称についていますが、正式には灯油を燃料として沸かし給湯します。給湯器の中で給湯に特化したのが特徴で給湯器・床暖房・風呂釜などの総称になります。

 

石油タンクを設置するスペースが必要であったり、灯油を入れる手間があるのですが、多くの給湯を一括でおこなうことが可能なので、月々の光熱費が安くすみます。

 

追い焚き機能にはメンテナンスが必須です

追い焚き機能にはメンテナンスが必須です

 

追い焚きをする機能と仕組みが分かったのですが、追い焚き機能の配管や風呂釜部分のメンテナンスを怠ると、いろいろと害になってしまうことが起きてしまいます。ここからはメンテナンスをしないとどんなトラブルが起きてしまうかについて説明していきます。

 

お湯には雑菌がたくさん!必ず浴槽の掃除を

追い焚きは浴槽内にあるぬるいお湯を吸い込み温め、熱いお湯を出します。新しいお湯を使うわけではありません。お湯をリサイクルしているのですからその工程に雑菌があれば付着してしまいます。つまり追い焚きの配管や風呂釜などに付着している雑菌が入るのです。

 

そんな追い焚きで付着しやすい主な雑菌は以下の種類になります。

 

・ブドウ球菌

・大腸菌

・緑膿菌

・レジオネラ菌

・マック菌

 

などになります。日常生活で発生しやすい雑菌ばかりで健康な状態の時に体調を崩す心配はないのですが、お風呂に入っている最中は無防備で、口や鼻、傷口などから内部に入る可能性があります。免疫力が弱い状態で体内に入ると、体調を崩す原因にもなります。

 

また産後の赤ちゃんや授乳中の女性は免疫力が常に低くなっています。お風呂の中の細菌で体調不良になる場合もありますので、注意が必要です。また最近を発生させにくくするためにも配管部分の掃除を定期的におこなうことが大事になります。

 

寒冷地では要注意!配管の凍結を防ごう

水道管は気温の低いところでは破裂する可能性があります。水道管の外部は気温が低く、内部はお湯で気温が高い。この気温の高低差で破裂してしまうのです。

 

水道管と同じことが追い焚き機能のある浴槽でも起きてしまいます。お風呂に入っているときに破裂してしまったら、ビックリどころではないでしょう。そんな破裂を防ぐためには普段から浴槽に水を張っておくのが必要となります。

 

追い焚きができなくなった……!考えられる原因とは

給湯器を長く使い続けていると、追い焚きをしていても全然お湯が温かくならないときがくるかもしれません。その場合は給湯器自体が故障しているかもしれません。トラブルは突然起こるので、対処に困ります。少なくとも原因が分かれば対処法も見つかるはずです。

 

ということでここからは、追い焚きができなくなったときの原因について説明していきます。

 

追い焚きができない原因として考えられる2つのこと

追い焚きができなくなるときは、天気が悪天候の場合や浴槽のお湯が少なすぎて循環できない場合もあります。この場合はすぐに直るので問題ありません。

 

本当に故障してしまう場合の原因は2つです。浴槽についている配管部分である水の循環機能に不具合があるのか、追い焚き機能そのものが故障してしまったかが考えられます。

 

追い焚きできない原因の具体例

追い焚き機能の不具合は循環部分の故障か、追い焚き機能そのものの故障が考えられます。2つの故障について原因を具体例を交えながら考えていきましょう。

 

●循環部分の故障

浴槽内で循環するパイプの循環フィルターに髪の毛やゴミが詰まった場合。ヘアピンなどの小物が循環部分に混入してしまった場合、などが原因で循環部分が機能しにくくなります。そんなゴミが原因で追い焚きがうまく機能しなくなります。

 

●追い焚き機能の故障

追い焚きをしようと湯音などが表示されているセンサーやリモコンを触っても、うまく反応しない。そもそも電源を入れようとしてもスイッチが入らないなどの、電気系統の故障の場合も考え得られます。

 

この場合はセンサーやリモコンの故障か、追い焚き機能そのものの故障が考えられます。

 

自分でできる!追い焚きできない場合の対処法

自分でできる!追い焚きできない場合の対処法

 

追い焚きが故障してしまう原因が分かったところまできたら、あとは解決策を考えるだけです。まずは自分でできる追い焚き機能の修繕方法から見ていきましょう。

 

お湯の量を増やして追い焚きする

浴槽のお湯が少なく、追い焚きの循環が出来ない場合があります。この場合はお湯を足せば解決できます。忙しくてついうっかり。という状況ですね。

 

フィルターを掃除する

追い焚きを循環するパイプ部分には、髪の毛やゴミなどが入っていかないように循環フィルターがついています。フィルター部分の詰まりが原因で、パイプ内をお湯が循環できていない状況ですから、掃除をしましょう。

 

またブラシが届かないような奥の部分に汚れなどが詰まっている場合もあります。そんな時は市販されているパイプの洗浄液を使うとキレイになります。

 

給湯機の電源を切る

追い焚き機能そのものが不具合起きてしまっているのは、ひとまず電源を切って時間をおいてから再起動をしてみてください。追い焚き機能そのものがオーバーヒートしている可能性もありますので、機械の熱が冷めれば元に戻るかもしれません。

 

まとめ

寒くなる季節はお風呂にゆっくり浸かって体を温めて、あったかい状態でゆっくり布団に入るのが至福のひと時ですね。追い焚き機能はこの季節とても大事な機能になります。

 

そんな追い焚き機能は仕組みを知れば不具合も分かります。基本的にはパイプ部分の詰まりが原因です。そのほかには追い焚き機能そのものの故障もあります。パイプ部分の詰まりがひどく自分で掃除できない場合や、機械そのものの故障は自力では解決しにくいです。

 

自分で解決できない故障は、専門業者の人に相談してみるとよいでしょう。お風呂に関しての知識の豊富なプロが適切な対応をし、追い焚き生活を復活されてくれますよ。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼