最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

賃貸での給湯器の故障は大家さんに連絡!費用負担をさけるには

給湯器が賃貸で故障した!修理の流れや普段からできる対策をご紹介

 

給湯器が賃貸で故障してしまったとき、どうすればいいのかご存知でしょうか?マンションやアパートなどの賃貸に備え付けられている設備は、基本的にはすべて大家さんや管理会社の所有物です。

 

ですが、それを実際に使うのは入居者、故障した際に通知をするのも入居者です。賃貸の給湯器が壊れたときはまずどこに連絡すればいいのか、修理代金は誰が払うのか、分からずに混乱してしまう人も少なくありません。今回は給湯器が賃貸で壊れてしまったときの修理の流れをご紹介いたします。

 

 

給湯器が賃貸で故障した原因は?修理がいらないケースも!

「お湯が出ない」「水漏れしている」など、給湯器に異常がありそうなときは、まずはその異常の原因を考えてみましょう。もしかしたら、修理はしなくてもよい可能性もあります。

 

故障したと思ったらまずは確認!

「給湯器が賃貸で故障してしまった!」と思ったら、まずは本当にそれが故障なのかどうかを調べましょう。たとえば、家の止水栓や給湯器の給水栓が閉じていることによって、水が出なくなっていることが考えられます。

 

ほかにもガス栓が入っていなかったりしないかなど、ひとつひとつ確認しましょう。これらのケースであれば、故障ではありませんので、その場ですぐに解決することができるでしょう。

 

給湯機が故障する原因

止水栓などをチェックしても問題が解決しない場合は、故障を疑うべきでしょう。給湯器の故障にはさまざまな要因が考えられます。そもそも水を使用する道具はどうしても、水垢などによって激しく劣化してしまうものです。

 

給湯器も例外ではなく、平均の耐用年数は8年~10年となっています。その耐用年数を超えて使用するなど過度な負担をかけてしまうと故障の原因となってしまいます。

 

また、「過度な負担」には2人暮らし用の給湯器を多人数で使用するなど、想定を超えた使い方をした際にも当てはまります。

 

また、天候も給湯器故障の原因となる場合があります。低気温による配管の凍結や、台風などの影響による不具合もよく報告されるケースです。

 

故障を起こしやすい箇所

故障がよく起こるのは、「配管」「給水バルブ」「基盤」といった箇所です。中でも配管からの水漏れは特によくあるケースで、給湯器内部の配管やパッキンを交換する必要がある場合が多いでしょう。

 

また、給水バルブが故障していたり、基盤がホコリなどでショートしていたりする場合なども考えられます。リモコンが付属している給湯器なら、リモコンのボタンが効かなくなってしまうこともよくあります。

 

給湯器修理を依頼する前に確認すべきこと

給湯器修理を依頼する前に確認すべきこと

 

給湯器に異常が起こると、安全装置が作動して給湯器の稼働が止まります。安全装置が作動したら故障のおそれがあるため、業者に修理を依頼する必要があります。しかし、修理依頼をする前にいくつか確認をしておかなければなりません。

 

壊れた給湯器の種類

給湯器が賃貸で故障したら、まずはどんな種類の給湯器が設置されているのかを確認しましょう。給湯器は大きくわけて、3種類のタイプがあります。

 

だいたいの給湯器は、バランス窯とも呼ばれる「バランス式風呂釜」と「給湯専用ガス給湯器」と「追い炊き機能付きガス給湯器」のどれかに分類されます。この給湯器の種類と設置場所を業者に伝えれば、スムーズに話が進むことでしょう。

 

具体的な故障状態

具体的にどのような故障状態なのかも大事な情報です。給湯器が故障した際には、形式やメーカーごとに決められたエラーコードが表示される場合があります。

 

取扱説明書を見てどんなエラーコードが表示されているかを伝えれば、よりスムーズに故障の原因が特定できるかもしれません。また、「いつ何をしているときに故障したのか」、「どんな症状が出ているのか」、などはなるべく詳細に修理業者に伝えるべきでしょう。

 

給湯機のメーカー、型番、製造年月日

給湯器は年式などによって、故障の起きやすい部分や必要な部品などが大きく異なる場合があります。給湯器のメーカーや型番、製造年月日など、なるべく給湯器に関して細かく情報を整理して業者へ伝えられるとよいでしょう。

 

給湯器が賃貸で故障したらどこに連絡すればいいの?

給湯器が賃貸で故障してしまった際は、ひとりで解決することはできません。もしものときに関わってくるのは「修理業者」と「管理会社、もしくは大家さん」というのは想像がつくのではないかと思います。

 

しかし、修理業者と管理会社、どちらに先に連絡をするべきなのでしょうか?そもそも入居者が勝手に賃貸の設備の修理を依頼しても、問題はないものなのでしょうか?

 

入居者が直接業者に依頼するのはNG

そもそも、給湯器が賃貸で故障した際に、入居者が直接業者に依頼をして修理をしてもらうのは絶対に避けるべきです。入居者から依頼をしても修理はしてもらえるでしょうが、本来管理会社で負担してもらえるかもしれない修理代金を、自分で負担することになってしまいます。

 

この場合、あとから請求をしても絶対に管理会社から修理代金を負担してもらうことはできません。独自に賃貸の設備の修理を依頼してしまい、修理代金についてトラブルになるケースは非常に多く見受けられます。

 

まず連絡をするのは修理業者ではなく、管理会社、もしくは大家さんです。

 

管理会社や大家さんに連絡

ガス給湯器に限らず、アパートやマンションなどの設備に問題があった際は、「管理会社か大家さんに必ず一番に報告」をしなくてはいけません。手間を惜しんで直接修理業者に依頼して後日管理会社へ連絡、というのはNGです。

 

給湯器が賃貸で故障してしまった場合は、管理会社や大家さんが手配する修理業者が修理に来るのを待つのがベターです。もどかしいかもしれませんが、賃貸に住むモラルとして心がけておきましょう。

 

詳しくは契約書を確認すれば、緊急時にどのような修理業者を呼ぶことになっているのか、などを確認することもできるかもしれません。管理会社等に連絡がつかなければ、入居時に利用した不動産会社に連絡をとるのもよいでしょう。

 

入居者負担となるケースとは?知識で予防しよう!

入居者負担となるケースとは?知識で予防しよう!

 

給湯器が賃貸で故障した場合、基本的に修理にかかるお金は管理会社や大家さんの負担になります。賃貸の持ち主は、物件を常に同じ状態に維持管理する義務があるため、元から設置されている設備の故障は負担してくれることがほとんどです。

 

しかし、場合によっては管理会社から修理費用を請求されてしまうケースもあります。いったいどのような場合に、修理費用が入居者負担になるのでしょうか。

 

故障ではなかった場合

故意にそんなことをする人はいないと思います。しかし、「故障だと思ったが実際には問題がなかった」場合、結果的には嘘の報告をしてしまったことになります。

 

この場合、管理会社は入居者の過失として、業者に依頼した費用を入居者に請求することも少なくありません。こうして余計な手間を増やさないためにも、まず本当に給湯器が故障しているのかどうか、きちんと判断をする必要があります。

 

入居者の管理不足の場合

入居者の管理不足によって起こった故障だと判断されてしまった場合にも、修理費用が入居者負担となってしまうケースが多いです。「入居者の管理不足」とは、どのようなケースを指すのでしょうか。

 

たとえば、「冬に旅行で家を空けている間に、給湯器の配管が凍結してしまった」という場合は、一見回避できない不具合のようにも思えます。

 

しかし、このケースは「留守にしている間水抜きをおこなっていれば回避できた」ということで修理費用を請求されてしまうことがあります。

 

また「うまくお湯が出なくなった」という場合も、フィルターの手入れ不足が原因の故障であれば入居者の管理不足とみなされてしまいます。ポンプなどに詰まりやすいような入浴剤、洗剤を使ってしまった場合も同様です。

 

入居者が直接業者を呼んだ場合

これはすでに解説したケースですが、入居者が直接業者に依頼すると、ほぼ確実に費用は入居者負担となります。「前にも来ていた業者だから」「関連会社だから」ということでそちらに直接連絡をするのもNGです。まず管理会社か大家さんに連絡をしましょう。

 

給湯器の寿命を延ばして少しでも長く使う方法

給湯器は必ず耐用年数、つまり寿命がある消耗品です。給湯器を賃貸で使用していると、いずれは交換や修理が必要になるものです。しかし、少しでも長く使う方法はないのでしょうか。

 

給湯器の寿命を長持ちさせる方法は「ガス給湯器」と「電気温水器」で異なります。ご自宅の給湯器がどちらのタイプなのかをよく確認して実践しましょう。

 

ガス給湯器の場合

多くのアパートに設置されているのは、10年ほどの耐用年数を持つ「ガス給湯器」です。古くから普及しているタイプの給湯器ですが、定期的なメンテナンスをおこなうことで、10年以上たっても問題なく使用し続けられる場合もあります。

 

水回りのメンテナンスの基本でもありますが、とにかく給湯器の周りをキレイに保っておくことで、驚くほどの寿命の違いが出ます。

 

給湯器の排気口・吸気口でゴミを吸わないように、また、浴槽のフィルターからゴミを吸わないように、きちんとこまめに掃除をしましょう。給湯器の方のフィルターを掃除しておくのも重要です。

 

また、定期的に点検をしてもらうようにしましょう。内部部品の劣化など、トラブルにつながるおそれのある箇所にいち早く気付くことができます。それによって、早期の対策をとったり、さらに給湯器を長持ちさせたりすることができるでしょう。

 

電気温水器の場合

電気温水器は、一般的にガス給湯器よりも長寿命になっています。耐用年数は15年~20年といわれており、交換の手間の少なさから、こちらの電気温水器が採用されている賃貸も多く存在します。

 

電気温水器の寿命に関わるのは、使用している時間や条件です。家族が多く、どうしても使用時間が長かったり、電源をつけたり消したりを繰り返していると、負担がかかって寿命が短くなってしまいます。

 

電気温水器を長持ちさせるためには、こまめなメンテナンスが欠かせません。定期的におこなうのはもちろん、少しでも違和感を覚えたらすぐに点検をしてもらう必要があるでしょう。

 

まとめ

給湯器が賃貸で故障してしまった場合、まずは必ず管理会社や大家さんに連絡をとりましょう。管理会社は修理業者を呼び出し、修理費用も基本的に負担してくれるでしょう。

 

待ちきれないからと自分で直接業者を呼んでしまうと、負担してもらえるはずの修理費用を自分で支払うことになってしまいます。

 

また、業者で見てもらった結果、故障ではなかった場合や、自身の管理不足が原因とされる場合もあります。そうなると、依頼の費用を入居者が負担することになってしまうことになるかもしれません。

 

普段からしっかりと給湯器のお手入れをしておくことが重要です。また、いざというときに本当に修理が必要なのかどうかを見極められるように心がけておきましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼