最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の水抜きをして凍結を防ごう!作業手順や凍ったときの対処法

給湯器の水抜きをして凍結を防ごう!作業手順や凍ったときの対処法

 

私たちが日常的に使っている給湯器。とくに、寒い冬には温かいお湯が欠かせませんよね。ですが、給湯器のトラブルが発生しやすいのも冬なのです。

 

冬の給湯器のトラブルと聞いて、まずは給湯器の凍結が思い浮かぶのではないでしょうか。「給湯器の凍結なんて、寒い地域での話でしょう?」と思っている方は要注意です。実は、給湯器の凍結は暖かい地域でも起こっています。

 

寒い地域では給湯器の凍結にきちんと備えているご家庭も多いのですが、温かい地域で凍結対策をしているご家庭はあまり多くないでしょう。そんな中で突然、大寒波が来てしまったら……ひょっとすると、給湯器の凍ってしまうかもしれませんね。

 

寒い冬に給湯器が使えないとなっては大問題です。ということで、今回は給湯器の凍結を防ぐための対策をご紹介します。「うちの給湯器、何も対策してないな……」と思ったら、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

給湯器を水抜きする理由やタイミング

給湯器の凍結を防ぐには、給湯器の水抜きをするのが一番です。では、なぜ給湯器の水抜きが凍結の予防になるのでしょうか?

 

気温が低いと給湯器が凍る可能性が!

寒い日になると、室外の気温が0℃以下になることもありますよね。まさしく身も凍ってしまいそうなほどの寒さですが、みなさんもご存知の通り、水は0℃で氷になります。給湯器の内側や外側を通る配管内の水も同様に、0℃になると凍ってしまうのです。

 

給湯器が凍結したらどうなる?

水が凍って氷になると体積が増える、ということは、学校の授業で習ったことがあるはずです。給湯器を通る配管内の水も、凍って膨張してしまいます。そうして膨張していった氷が、給湯器の配管を破損してしまうことがあるのです。

 

給湯器のどこが凍結するの?

給湯器には、凍結しやすい場所が4箇所あります。1箇所目が給水配管(水道管)部分で、この部分は外気温の影響を受けやすいためにもっとも凍結しやすいといわれています。

 

2箇所目は給湯器の本体内の配管部分で、こちらも水道管と接続する部分が金属になっているので凍結しやすくなっています。

 

残りの2箇所は給湯配管部分と追い炊き配管部分ですが、これらについては凍結防止機能が備わっているため、凍結する可能性はそれほど高くはないでしょう。

 

給湯器の水抜き方法

給湯器の水抜き方法

 

凍結を予防するためには、給湯器の水抜きが必要なことがわかりましたね。とくに寒波が来そうな日や、外気温がマイナス4℃以下になるような日には水抜きをしておくと安心です。

 

それでは、実際にどうやって水抜きをすればいいのでしょうか?正しく水抜きをするために、以下の手順で作業をおこないましょう。

 

1.運転スイッチを「切」にします

このとき、電源プラグはまだ抜かないように注意してください。

 

2.ガスの元栓と給水の元栓をしっかりと閉めます

給湯器下部にあるガスの元栓と、給水の元栓をしっかり閉めましょう。

 

3. 給湯栓を全開にします

台所や浴室のシャワー・洗面台などの給湯栓は、すべて全開にしてください。

 

4.水抜き栓を回しながら外します

給湯器下部にある「給水水抜き栓」と「給湯水抜き栓」を外しましょう。

 

5.水を抜きます

水抜き栓から水が流れてきますので、バケツなどで受け止めてください。

 

6.電源プラグを抜きます

水抜きが完了したら、最後に電源プラグを抜きます。これで、給湯器の水抜きは完了です。

 

≪注意点≫

給湯器の水を抜く場合は、順番を間違えないように気をつけましょう。焦らずに、ゆっくりと確認しながらおこなってください。

 

また、給湯器の種類によっては手順などが異なる場合があるかもしれません。ご家庭の給湯器の取扱説明書などを確認しながら水抜きをおこなうと安心ですね。

 

水抜きした給湯器をもとに戻す方法

水抜きをした後、再び給湯器を使いたい場合は以下の手順で給湯器を再開しましょう。

 

1.電源プラグを抜いた状態にする

まず、きちんと電源プラグが抜かれているか確認しましょう。

 

2.ガス栓を閉めます

給湯器下部にあるガスの元栓をしっかり閉めてください。

 

3.給湯栓をすべて閉めましょう

台所や浴室のシャワー・洗面台などの蛇口をすべて閉めておきます。

 

4. 水抜き栓を閉めましょう

給湯器下部にある「給水水抜き栓」と「給湯水抜き栓」を閉めます。

 

5.給水元栓を全開にします

給湯器下部にある給水元栓を全開にしましょう。

 

6.給湯栓を開け、水がでるかどうか確認します

台所や浴室のシャワー・洗面台など、すべての蛇口から水が流れていることが確認できたら再び、給湯栓を閉めます。

 

7.ガスの元栓を開けます

給湯器下部にあるガスの元栓を開けましょう。

 

8.お湯が出るか確認しましょう

最後に運転スイッチを入れ、蛇口を開いて給湯栓からお湯が出るかどうかを確認しましょう。お湯が出ていれば、無事に給湯器の再開ができています。

 

≪注意点≫

給湯器を再開する場合にも、手順を間違えないように気をつけてください。また、それぞれの栓を閉める際には、水漏れしないようにしっかりと閉めるようにしましょう。

 

給湯器の種類によっては再開手順が異なる場合があるかもしれませんので、こちらもご家庭の給湯器の取扱説明書などを確認しながら作業をおこなうと安心です。

 

給湯器の凍結の予防法は水抜き以外もある!

給湯器の凍結の予防法は水抜き以外もある!

 

給湯器の水抜き方法をご案内しましたが、他にも凍結を予防する方法があります。給湯器の水抜きはなかなか大変な作業なので、これらの方法も覚えておくと便利ですよ。

 

給水管や給湯器の配管に保温材や保温チューブ・凍結防止帯を巻く

給湯器が凍結しにくくするために、配管に保温材や保温チューブ・凍結防止帯を巻く方法があります。これらを給水管や給湯管に分厚く巻き付けることで、冷たい外気から管を守ってくれるのです。

 

凍結防止用グッズは、ホームセンターなどで購入が可能です。ご自身で取り付けをおこなうのが難しい場合は、給湯器の施工業者に依頼する方法もありますよ。

 

準備をする間もなく寒波が到来しそうだというときには、古い毛布を水道管に巻き付けるだけでも十分な凍結予防になります。緊急対策が必要な場合は、試してみてくださいね。

 

浴槽に残り湯を残しておいて、自動ポンプ運転をさせておく

給湯器には外気温が下がると自動で機器内を保温するヒーターと、自動ポンプ運転装置が組み込まれている場合がほとんどです。この機能を使って、凍結を予防しましょう。

 

自動ポンプ運転機能を使う場合は、浴槽の残り湯を循環器具の5cmより上に残しておいてください。機器が外気温の低下を感知した場合、残り湯があることで自動的にポンプ運転を開始するようになっています。

 

給湯器が凍結してしまった!正しい対処法と間違った対処法

「急な気温の低下で、給湯器が凍結してしまった!」というときには、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

正しい対処法

給湯器内外の配管が凍結してしまった場合には、運転スイッチをオフにして自然に解凍されるのを待つのがよいでしょう。昼間になって日が出てくれば、気温も上昇して凍結も徐々に解消されます。

 

ですが、どうしてもすぐにお湯を使いたい場合もありますよね。そんなときは、給湯器の運転スイッチをオフにして、お湯の出る蛇口を少しだけ開けておきます。

 

その後、給湯器の下部にあるガス栓を閉めて、給水元栓を回してみましょう。もし給水元栓から水が出ない場合は給水元栓以外の部分が凍結しているので、残念ながらそれ以上打つ手はありません。この場合は、自然に解凍されるのを待ってください。

 

給水元栓が凍結していて回らない場合には、給水元栓の周りにタオルを巻きます。タオルの上から、人肌程度のぬるま湯をゆっくりとかけましょう。給水元栓が回るようになったら、しっかりと蛇口をしめて、タオルを回収します。

 

タオルを回収した後は、ぬるま湯で濡れている部分を乾いた布でしっかりと拭き取ってください。

 

間違った対処法

給湯器内外の配管が凍結してしまった場合、絶対にしてはいけない対処法があります。それは、凍結した配管や部品に直接熱湯をかけることです。凍結した配管に熱湯をかけてしまうと、配管の破損につながります。

 

配管が破損してしまうと高額な修理費用がかかってしまいますし、修理が終わるまでお湯を使うこともできなくなってしまいます。

 

早く凍結を解凍してお湯を使いたい気持ちから、つい熱いお湯をかけてしまいたくなりますが、「急がば回れ」です。焦らずゆっくりと解凍することを心がけましょう。

 

また、ぬるま湯をかけて解凍させた場合も注意が必要です。ぬるま湯をかけた後、水滴を拭き取らないで放置してしまうとその水が原因で再び凍結してしまうことがあるのです。もし、ぬるま湯をかけて解凍をおこなった場合には、必ず乾いた布で水滴を拭き取るようにしてくださいね。

 

凍結によって給湯器が破損したら修理代はいくら?

凍結してしまった場合、普通ならば凍結が解消されれば元に戻ります。ですが、給湯器が破損してしまった場合には修理が必要です。いったい、どのくらいの修理費用がかかってしまうのでしょうか?

 

給湯器以外の配管が破損した場合

給湯器以外の配管が破損した場合は、配管の交換で解決することが多いです。修理費用も、数千円から数万円程度で収まります。

 

給湯器内部の配管が破損した場合

給湯器内部の配管が破損した場合は、単純に配管の交換をして解決する問題ではなくなってしまいます。

 

給湯器内部の配管の破損は次のような原因で発生します。

 

まず、給湯器内部に残った水が凍結して配管が破損し、その破損した部分から水漏れが発生します。そうして中で漏れてしまった水が内部の配線と接続した場所にかかってしまうことで、漏電が起こるのです。

 

漏電が発生してしまうと、電気回路や熱交換器までもが故障し、給湯器は作動を停止します。このように電気回路や熱交換器までもが破損してしまったとなると、高額な修理費用がかかることになります。

 

たとえば電子回路を修理するとなると、相場にしておおよそ40,000円です。また、熱交換器(追い炊きのための回路)の交換には約50,000円かかります。もっとも高額なのは熱交換器(給湯のための回路)の交換で、最大60,000円ほどかかってしまう場合があります。

 

もちろん、業者や故障の状態によって修理費用は前後しますが、大きな出費であることには変わりません。製造から長年経過している給湯器は修理のための交換部品がない場合もあり、その場合は給湯器自体の入れ替えが必要となることもあります。

 

給湯器の水抜き栓は定期的にお手入れしよう!

給湯器からお湯が出なくなるのは、凍結した場合に限りません。お湯が出なくなったときに、最初に疑うのは給湯器の凍結や故障ですよね。ですが、給湯器の水抜き栓にゴミが詰まっているケースもあるのです。

 

給湯器の水抜き栓のお手入れについて、その方法をご存知でない方も多いのではないでしょうか?ですが、実は、水抜き栓もゴミを取り除くといったお手入れが必要な箇所です。水抜き栓のお手入れは、以下の手順でおこなってください。

 

1.水抜き栓から出る水を受けるためのバケツを用意します

2.給湯器の下部にある給水元栓を閉めます

3.台所や浴室のシャワー・洗面台などのすべての給湯栓を開けます

4.水抜き栓を外します

5.水抜き栓を配管とつながるバンドから外します

(この際、給水接続口から水が出ますのでバケツなどで受けましょう)

6.水抜き栓のフィルター部分を取り外して、ブラシなどを用いて水洗いします

7.水抜き栓を元に戻します

8.台所や浴室のシャワー・洗面台などのすべての給湯栓を閉めます

9.給水元栓を開けて、水抜き栓から水漏れがないかを確認します

 

このような方法で、水抜き栓のゴミを取り除いてみてください。今よりもお湯の出がよくなるかもしれませんよ。

 

まとめ

今回は給湯器の凍結について、給湯器の凍結を予防する方法を中心にご紹介しました。

 

いざ給湯器の配管が凍結してしまった際のベストな方法は、自然に解凍するのを待つことです。これを知っていれば、もしも急に配管の凍結に見舞われても焦らずに対処できますね。

 

ですが、大切なのは凍結してからではなく凍結する前の対処です。凍結が起きてしまいそうな寒い日には、ご紹介した給湯器の水抜き方法や、配管を保温しておく方法、自動ポンプ運転などをぜひ試してみてください。

 

また、定期的なお手入れとして水抜き栓の掃除も忘れないようにしましょう。ゴミを取り除くことで、気持ちよく給湯器を使えるようになりますよ。

 

そうはいっても、給湯器はすべて自分の力で対応できるほど簡単なつくりの機器ではありません。凍結によって給湯器が破損してしまった場合や、自分では原因がわからない不調がみられる場合は、プロの力を借りて対処することも必要になってきます。

 

自分では解決できない給湯器のトラブルが起こった場合には、信頼できる業者を見つけて修理や交換を依頼してはいかがでしょうか?

 

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼