最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の自動湯はりでトラブル発生!?原因を把握して対処しよう

給湯器の自動湯はりでトラブル発生!?原因を把握して対処しよう

 

給湯器の自動湯はり機能は、疲れたときでもすぐにお風呂の準備ができる、非常に便利なものですよね。しかし自動湯はりは、しばらく使っているとお湯が少なすぎたり多すぎたり設定どおりにお湯がはれないトラブルが起こってしまうこともあります。

 

設定どおりに湯はりができない場合は、思わず給湯器の故障を疑ってしまうかもしれません。しかし、なにが原因で不具合が起こっているのかを知れば、修理をせずともトラブルを解決することもできるかもしれません。今回は給湯器の自動湯はりがうまくできないときの対処法についてご紹介します。

 

 

給湯器で自動湯はりができない!その原因は?

給湯器で自動湯はりがうまくできない際は、まずなにが不具合の原因になっているのかをつきとめる必要があります。原因を探る際は、以下の点をチェックしていきましょう。

 

エラー番号を確認すると原因がわかりやすい

まずは給湯器にエラー番号が表示されているか否かを確認してください。エラー番号は給湯器の不具合に応じて異なる番号が割り振られているため、原因を特定する大きな助けになるでしょう。

 

また、機種によっては給湯器本体ではなく、リモコンのほうにエラー番号が表示されることもあります。この場合は給湯器本体ではなく、リモコンに何らかの不具合が起きていることも考えられます。

 

エラー番号はメーカーごとに割り振りが異なるほか、ライトを点滅させてエラーを知らせる機種もあります。見慣れない表示があった際は、説明書を見てエラーの内容を確認するとよいでしょう。

 

給湯器は給湯を優先

湯はり中にほかの場所でお湯を使っていると、湯はりがストップしてしまうことがあります。これは、給湯器が「給湯優先」で動いているために起こる不具合です。

 

給湯器が一度に出せるお湯の量は限られているため、多くの場合、湯はりとキッチンなどでの給湯を同時におこなうことはできません。お湯を使っている覚えがなくても、湯はりが止まっている場合は一度浴槽以外の水回りの状況を確認し、確実にお湯を止めておきましょう。

 

フィルターに溜まった汚れ

お湯の出が悪い場合は、フィルターにたまった湯垢や髪の毛でお湯がつまってしまっているケースも考えられます。フィルターの汚れがたまっているだけであれば、掃除をすることで不具合が解決できるでしょう。

 

フィルターでのつまりを防ぐためには普段からのこまめな掃除が欠かせませんが、掃除しておくべきなのはフィルター部分だけではありません。給湯器からフィルターのついている循環アダプターまでをつなぐ「おいだき配管」の汚れも、フィルターつまりの原因になることがあります。おいだき配管の中も、普段からしっかり掃除しておきましょう。

 

排水栓や部品などの劣化、故障

水まわりの配管や部品は、どうしてもいつか交換が必要になる消耗品も多くあります。長く使用していることでそれらの部品が劣化や故障を起こしてしまい、自動湯はりができなくなるケースもあります。

 

パッキンなどの簡単な部品であれば自力で交換して対処できる場合もありますが、基本的に部品の交換や修理は業者に依頼するのをおすすめします。排水栓が閉まらないなど、部品の故障に心当たりがある場合はプロにまかせましょう。

 

配管の凍結

冬の季節、とくに氷点下を下回る地域であれば、配管が凍結して湯はりできなくなっていることも考えられます。配管内の水を放置しておくと、配管内の水が凍結し氷となります。そうすると管内の水の体積が増し配管を破裂させ事故につながるおそれもあるのです。寒い地域では、水抜きを徹底することで未然に防ぎましょう。上記の方法で解決しない場合はそのまま放置せず、すぐに水道修理業者や水道局へ連絡をしてください。

 

給水配管の凍結が疑われる場合の応急処置としては、配管にタオルなどを巻き付けてゆっくりとお湯をかけ、配管の凍結を溶かすという方法が有効です。

 

水道やガスの元栓が閉まっている

水道やガスの元栓が閉まっていないかどうかも確認しておきましょう。元栓だけではなく、給水用のバルブが閉まっていたり、そもそも断水されていたりするというケースも考えられます。それぞれ一度確認しましょう。

 

給湯器の寿命

配管などに問題が見られない場合、給湯器自体が寿命を迎えてしまっている可能性もあります。給湯器の寿命は一般的には約10年といわれており、一定期間ごとに交換や点検が必要になるものです。

 

耐用年数を超えているかもしれない場合は、一度メーカーや業者に点検を依頼するのをおすすめします。

 

電磁弁は自動湯はりで欠かせない部分

電磁弁は自動湯はりで欠かせない部分

 

給湯器の部品の中でも、自動湯はりを使用している場合に不具合が起こりやすいのが、「電磁弁」と呼ばれる部品です。名前を聞き慣れない方も多いであろう部品ですが、電磁弁とはどのような部品なのでしょうか。

 

水とガスの量を調節

電磁弁は給湯器の部品です。設定に応じて配管内の水やガスの量を調節し、水の量や温度をコントロールしています。また、「浴槽への配管」と「シャワーへの配管」にお湯を仕分けるのも電磁弁の役目です。

 

水量や温度を細かくコントロールする必要がある自動湯はりでは、電磁弁の正常な動作が欠かせません。しかし、自動湯はりで使われることが多い分、電磁弁は故障も多い傾向にあるようです。

 

電磁弁が故障した場合の対処法

自動湯はりをしようとしているのに浴槽のアダプターからお湯が出てこない場合、電磁弁が故障しているケースが多く見受けられます。これは、お湯を仕分ける役目を持っている電磁弁が動かなくなったことで、浴槽側の配管にお湯が送られなくなっているという不具合です。

 

この場合、湯はりへの切り替えができなくなっているものの、給湯自体は問題なくできていることが多いでしょう。そのため、シャワーや蛇口から湯はりすることは可能です。

 

また、一見壊れてしまったように見えても、一度給湯器の電源を切って時間を置き、コンセントを差し直せば復旧することもあります。ただし、コンセントを一度抜いてしまうと保温時間などの設定がリセットされてしまう点には注意が必要です。

 

コンセントの抜き差しをしてみても直らない場合は、電磁弁を修理するか交換するしかありません。また、もし10年近く給湯器を使っている場合はほかの部品も同じように劣化していることが考えられるため、一気に交換してしまったほうがよい場合もあります。

 

自動湯はり機能でお湯が止まらないのはなぜ!?

自動湯はりは、つまりや故障などでお湯が出ないトラブルが多く見受けられます。しかし、いつまでたってもお湯が止まらずに浴槽からお湯が溢れてしまっている、というケースも少なくありません。

 

自動湯はりでお湯が止まらなくなるのはいったいなぜなのでしょうか?これにもいくつかの原因が考えられます。

 

残り湯は捨てよう

自動湯はりは決められた量のお湯を浴槽に注ぎ込む機能です。まだお湯が残ったまま自動湯はりをおこなうと、残っていたお湯に本来はりたい量のお湯を足していく形になるため、想定よりもお湯が多くなってしまいます。

 

湯はり途中で設定を変更した

自動湯はり中にお湯の量を変えたくなっても、むやみに設定変更するのはやめておきましょう。途中で湯はりの設定が変更されてしまうと、水量の設定がリセットされてしまい、必要以上に浴槽にお湯をはってしまうことがあります。

 

リモコンの目盛りと湯量は比例しない

よく勘違いが起こるのが、リモコンの目盛りは浴槽の容量と比例しないという点です。リモコンで設定できる湯量は浴槽に合わせたものではなく、あくまでメーカーが設定した目安にすぎません。

 

リモコンの目盛りで半分に設定したから浴槽のお湯も半分になる、というわけではないため、最初は目視で適したお湯の量を設定していく必要があります。

 

混合栓やパッキンの破損

自動湯はりの設定に問題がないのにお湯が溢れている場合、混合栓やパッキンが破損して水漏れしていることが考えられます。一度給湯器の水栓を閉めて、水が止まるかどうか試してみましょう。

 

水栓を閉めて水が止まった場合は、パッキンの損傷と見てよいでしょう。ご自身で部品を交換するか、業者に交換を依頼してください。

 

給湯器本体の異常はプロに相談しよう

給湯器本体の異常はプロに相談しよう

 

自動湯はりがうまくできない際、設定を変えたりなどですぐに解決できる場合もあります。しかし、部品の交換などが必要になるような場合だと、なかなかひとりで対処することは難しいかもしれません。

 

もし原因がわからない、対処が難しいと思った際は、給湯器のプロに相談してきちんと問題を解決しましょう。

 

業者に依頼する前に確認しよう

業者に給湯器の修理や交換を依頼する前に、確認しておくべきことがあります。それは「保証期間」です。給湯器にはメーカーごとに数年の保証期間が定められており、保証期間内であるかどうかで修理費用が大きく変動します。

 

また、賃貸にお住まいの場合は業者へ連絡する前に、管理会社のほうに連絡を取る必要があるでしょう。管理会社の許可なく業者に修理を依頼した場合、余計なトラブルに発展してしまうおそれもあります。必ず依頼の前に相談をしましょう。

 

業者選びで役立つポイント

給湯器の修理業者を選ぶ際は、まずどれだけ早く対応してもらえるかを重視しましょう。給湯器は毎日使うものです。それに、自動湯はりができなくて修理を頼むのですから、すぐにでもお風呂に入りたいものですよね。

 

24時間対応できる業者であったり、スタッフの多い業者を選べば、その日のうちに修理してもらうこともできます。また、修理後の点検などのアフターフォローにも力を入れている業者であれば、作業をおこなってもらった後も安心です。ネットの口コミなどもチェックして、評判のよい業者を選んでみるのもよいかもしれません。

 

工事費用には要注意!

給湯器の修理は、高ければ数万円の費用が掛かってしまうこともある作業です。できるだけ費用は安く済ませたいものですが、安さだけで業者を選ぶのはおすすめできません。

 

サービスの内容も見て業者を選ばないと、すぐにまた修理が必要になってしまい、かえって費用が高くついてしまうこともあります。しっかりとした業者か判断するには、見積り時の対応を見ておくとよいでしょう。見積りの時点で説明不足だったり、態度に違和感を覚えた場合は、ほかの業者を探したほうがよいかもしれません。

 

また、業者によっては相見積りができる場合もあります。それぞれの費用や対応を見て、納得できる業者に作業を依頼するようにしましょう。

 

まとめ

給湯器の自動湯はりがうまくできない場合は、慌てずに何が原因なのかをまず探っていきましょう。ほかの場所でお湯を使ってしまっていたり、設定を失敗しているというだけなら、すぐに自力で解決することが可能です。

 

しかし、給湯器は10年ほどで寿命を迎えるといわれている消耗品です。部品の劣化によって自動湯はりができなくなっていることも少なくありません。劣化した部品は交換してしまうしかありませんが、なかなか自分で交換するのは難しい部品も多くあります。自力での解決が難しい場合は、給湯器修理のプロに相談をしてみましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼