最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器に電気代がかかるのはなぜ?少しでも安く済ませる方法を伝授

給湯器に電気代がかかるのはなぜ?少しでも安く済ませる方法を伝授

温かいお湯を作りだしてくれる給湯器は、毎日の生活に欠かせませんよね。給湯器はガスを使用するため、ガス代がかかるのはわかるかと思いますが、実は電気代もかかっているというのはご存知でしたか?

「なんだか最近電気代が高いなぁ」という方は、ぜひ一度給湯器の使い方を見直してみましょう。電気代の節約ができるかもしれませんよ。

今回は、給湯器の仕組みについて解説しながら、給湯器を安全に使い、かつ電気代を節約するためにはどうしたらよいかをお教えします。ぜひ参考にしてみてくださいね!

給湯器に電気代がかかるのはなぜ?少しでも安く済ませる方法を伝授

給湯器はガスを使用するので、ガス代がかかることはわかりますね。しかし実は、ガス代だけではなく電気代もかかっているのです。なぜなのでしょうか。

給湯器に電気代がかかる理由

給湯器に電気代がかかる理由には、給湯器の仕組みが関係しています。そこでまずは給湯器がお湯を作り出す仕組みについて解説しましょう。

一般的な家庭で使われているのは“瞬間式”といわれる給湯器です。このタイプの給湯器は、パイプの中に流れている水をガスを使った炎で加熱することでお湯へと変換しています。

このとき、水がないのに炎で温めてしまうといった“空焚き”を防ぐために、水とガスの量は電力を使って制御されています。だから電気代がかかるのです。

こんなところに電気が使われている!

給湯器の中にはたくさんの機能があり、それらがきちんと作動することによって、お湯を沸かすことができます。そしてそれらの機能は、すべて電気によって動いているのです。どのような機能が電気によって動いているのか、以下にご紹介します。

<水量センサー>

給湯器に入ってきた水の量を感知するのに使われているのが、「水量センサー」という機能です。普段、給湯器の中には水が入っていません。お湯を出すために蛇口やシャワーをひねると、水が入ってくるようになっています。

そして水量センサーが水の浸入を感知することによって、給湯器はお湯を沸かす準備をはじめるのです。

<ファンモーター・イグナイター>

給湯器は水をガスの炎で温めてお湯を作りだしますが、ガスを燃焼させるのに必要となる“空気”を送りこんでいるのが、「ファンモーター」と呼ばれる機能です。そしてガスの点火に必要な火花を発生させるのには、「イグナイター」という機能が使われています。

<温度センサー>

給湯器は、設定温度にお湯を保つ必要があるのですが、お湯の温度は「温度センサー」という機能が常に測っています。

<ガス量制御弁・水量制御弁>

お湯を温めるために使用するガスの量を調整するのは、「ガス量制御弁」という機能です。なおガスの量が適切でも、水が多すぎたり少なすぎたりすると、お湯がちょうどよい温度になりません。そんなときは「水量制御弁」という機能が、水の量を調整します。

給湯器をつけたままだとガス代や電気代はどうなる?

給湯器をつけたままだとガス代や電気代はどうなる?

ここまでご説明してきたとおり、給湯器は電気によって動いている機能が多いため、電気代がかかります。「使っていないときも、給湯器の電源はつけたままにしている」という方も多いかと思われますが、その場合、ガス代や電気代はどうなっているのでしょうか。

まずはガス代についてですが、最近の給湯器は、電源をつけているだけではガス代はかかりません。先ほどご紹介した給湯器の仕組みからもわかるとおり、水が流れたときにはじめて点火してお湯を作りはじめるからです。

ただ、昔よくあったバランス釜の場合は、給湯器の電源がついている間は種火がついているのでガス代がかかります。

一方、電気代はどうでしょうか。給湯器は電化製品であるともいえるので、待機電力がかかります。一般財団法人省エネルギーセンターの調査によると、給湯器の待機時消費電力の平均は、オンモードでは約8Wh、オフモードでは約6Whであるといいます。

これらを金額にしてみましょう。一般的な電気代は1kWhあたり27円といわれています。この金額をベースに給湯器の年間電気代を計算すると、オンモードでは約1,890円、オフモードでは約1,420円となります。

数百円の差ではありますが、オフモードにしておいたほうが節約できるということがわかりますね。

こまめに「電源オフ」で、電気代ダウン・安全性アップ!

給湯器は使用してなくても、電源をつけっぱなしにしておくと、待機電力によって電気代がかかるということがわかりました。

これを防ぐには、やはり使わないときにはこまめに電源を切っておいたほうがよいでしょう。給湯器の電源を切るのはリモコンの運転ボタンを押すだけなので簡単です。それだけで節約になります。

なお給湯器の電源を切るときに気をつけなければいけないのが、電源コードまで抜いてしまってはいけないということです。真冬など、気温が低いときに給湯器の電源コードを抜いてしまうと、給湯器が凍結してしまうことがあります。

給湯器が凍結すると、お湯どころか水さえも出なくなってしまい、水道管が破裂してしまうなどの故障につながることがあるのです。

それを予防するために、給湯器には電熱線によって保温したりガスを燃焼させて追い炊きをしたりする機能があります。この機能には電気が必要になるので、電源コードが抜かれていると作動しなくなってしまうのです。

したがって、節電しようとしても給湯器の電源は絶対に抜かないようにしてください。

なぜ「電源オフ」で安全になるの?

給湯器はお湯を沸かさない限り、ガスを使うことはありません。電源をつけっぱなしにしているだけなら危険ではないと考えられます。しかし、誤動作によりガスが勝手に燃焼してしまうことも、まったくないわけではありません。

こうした誤作動が起こりえるのは、たとえばお風呂の水がないのに追い炊きスイッチを押していた場合などです。空焚きになってしまい、火事になる危険があります。

最近の給湯器ではこのような危険がないように安全装置がついているものが多いです。しかし、夜間や旅行などで長く家をあける場合は、念のため電源を切っておいたほうが安心といえるでしょう。

もっと節約したい!コストを減らす2つの方法

もっと節約したい!コストを減らす2つの方法

ここまで給湯器の電気代について紹介してきましたが、「給湯器によって発生するコストをもっと減らしたい!」「もっと節約したい!」という人もいるかもしれません。そんなときは、次の2つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

方法1.電気会社・契約内容を見直す

まずは根本的に、ご利用の電気会社を見直してみることです。電気会社によって、さまざまな料金プランがあります。ご家庭の今の電気料金をもとにそれらのプランを比べてみて、一番合ったものを選びましょう。簡単に電気代が節約できるかもしれません。

方法2.思い切って新しい給湯器に交換してみる!

2つ目の方法は、給湯器を新しいものに交換するというものです。給湯器は新しく開発されたものほど省電力モードなどがついていることが多く、エコな仕様になっています。最新式の給湯器を使えば、従来のものよりは待機電力をおさえることができるでしょう。

給湯器を交換してから何年か経っている人は、思い切って新しいものにしてみるのもよいかもしれません。

まとめ

給湯器の電気代についていろいろと解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。“ガス給湯器”といっても、実際の内部の機能は電気で動いていることが多いため、どうしても電気代がかかってしまうのです。

しかしこまめに電源を切れっておくことで、電気代の節約ができるということがわかりましたね。ぜひ実践してみてください。

また、給湯器の寿命は8~15年といわれています。寿命に近い給湯器を使っている場合は替えどきといえるので、思い切って交換してみてはいかがでしょうか。

新しくなれば故障の危険が減り安心できるだけでなく、新しい給湯器ほど省エネな仕様になっています。待機電力をおさえることもでき、環境にもよいのです。電気代をおさえて快適に給湯器を使いましょう。

どういった給湯器を選べばよいのかわからないときは、ぜひ給湯器設置業者などに相談してみてくださいね。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼