最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器に排気カバーは必要?つけるべき理由とメリットを徹底解説

給湯器に排気カバーは必要?つけるべき理由とメリットを徹底解説

屋外での給湯器の使用に不安を感じてはいませんか?給湯器は高温の排気をします。その排気は火災やその他のトラブルを起こす原因にもなるので、排気の方向には配慮が必要です。そんな屋外の給湯器の排気方向を変えるのに便利なのが、給湯器の排気カバーです。

この排気カバー、じつは排気の方向を変える以外にもメリットがあるのです。このコラムでは給湯器カバーの種類や、使用する様々なメリットをお伝えします。排気カバーのことを知りたい方は、ぜひお読みください。

給湯器の排気カバーとは

まずは、給湯器の排気カバーの役割をご説明します。排気カバーの機能について、確認しましょう。

なぜ排気カバーは必要なの?

給湯器は水を沸かす際、排気といって高温の空気を排出します。その排気はかなりの高温になる場合があるので、給湯器の周辺のものが高温となり、発火する危険があるのです。

この給湯器から周囲への燃え移りを防ぐために使うのが、排気カバーです。給湯器の近くにすぐ動かせないものがあり、それらのものへの燃え移りを防ぎたいときなどは、特に活躍してくれます。

 

給湯器に排気カバーをつけるべきケース

給湯器に排気カバーをつけるべきケース

排気カバーには燃え移りを防ぐ効果があるとお伝えしました。では排気カバーは、それ以外にはどんな場合に使うと効果的なのでしょうか。こんな時は排気カバーが便利!という排気カバーをつけるべきケースをご紹介します。

可燃物が近くにあるとき

可燃物が近くにあるときは、燃え移りを防ぐために排気カバーが欠かせません。給湯器の排気は、給湯器によっては約200℃の高温になります。このような高温の排気が可燃物へとかかるのは、大変危険です。

植木や木製の柵などの可燃物は、すぐに動かすことは難しいでしょう。そういった可燃物が給湯器の近くにあるときは、排気カバーで燃え移りを防ぐことができますので、必ずカバーをつけましょう。

給湯器周りのスペースが狭いとき

隣の住宅とのスペースが狭いときも、排気カバーが役立ちます。近隣トラブルの原因ともなる給湯器の排気。しかし、排気カバーを使えば排気の煙が隣家の壁に当たらないようにできるのです。

給湯器からの煙が隣家に当たると、隣家の壁が熱や蒸気によってさびる原因にもなります。このように排気は敷地周辺の空気を汚すだけでなく、隣の住宅の劣化原因ともなるのです。近隣トラブルを防ぐためにも排気カバーは必要といえるでしょう。

排気カバーのメリット

これまでご紹介した排気カバーの役割は、排気が周辺のものへ当たることを避ける機能によるものです。しかし排気カバーの役割は、それだけではありません。ここでは、排気カバーのその他のメリットをご紹介します。

給湯器の故障を防ぐ

給湯器の排気口は高温の蒸気を排出するので、劣化しやすい部分です。この排気口にカバーをつけると、排気口の劣化を防ぐことができます。給湯器は雨や風にさらされると劣化がしますが、排気カバーが排気口の屋根変わりとなって劣化を防いでくれるのです。

また給湯器の近くに壁がある場合も、排気カバーが給湯器の故障を防いでくれます。ご自宅の給湯器が屋外の空気で燃焼するタイプの場合、近くに壁のある給湯器は、排出した排気を再び吸い込んでしまうおそれがあります。

このとき吸い込む排気の水分が、給湯器内部の腐敗を引き起こすことがあるのです。

しかし、排気カバーは種類によって給湯器の排気の方向を変えることができます。そのため、給湯器が排気を再び取り入れるのを予防して給湯器の故障を防いでくれるのです。

事故を防止できる

給湯器の排気カバーは周囲のものへの燃え移りを避け、隣家へ排気が当たるのも防ぎます。火災やご近所とのトラブルなど大きな問題の予防に、排気カバーの使用は効果があるのです。

また排気カバーは、給湯器の不完全燃焼も防ぎます。不完全燃焼とは、燃焼に必要な酸素が足りず、燃焼が不完全になることです。このように燃焼が不完全な場合に一酸化炭素が発生するのですが、この一酸化炭素は中毒を引き起こし、人体にも悪影響を与えてしまいます。

こういった不完全燃焼を給湯器が起こすのは、すぐ前に壁や障害物があり、排気した空気が充満して酸素を取り込めない場合です。そんなとき、排気カバーが活躍します。

排気カバーには、排気の方向を変える機能があるため、給湯器の周りの酸素を減らさないようにすることが可能です。排気カバーにはこのように、さまざまなトラブルを未然に防ぐ効果があります。

排気カバーの種類

排気カバーの種類

排気カバーの種類は、おもに3つにわけられます。排気する方向によって変わってくるので、それぞれタイプを確認していきましょう。

上方排気カバー

上方排気カバーは、排気口の上方へ排気します。隣家とのスペースが狭いところでも全面の壁を避けて排気できます。カバーの排気部分は、排気を上に流すためが上向きになっているので、そこへホコリやゴミがたまらないよう配慮が必要です。

側方排気カバー

側方排気カバーは、排気口の左右へ排気します。状況に合わせて、左右どちらか片方の排気口だけから排気するようにもできます。

隣がマンションのような高層の場合など、給湯器の上方よりも側方へ排気をしたい方にはおすすめです。また、左右両方か左右どちらかに排気するなど、排気を3つの方法から選べるのもメリットと言えるでしょう。

延長型カバー

延長型カバーは、給湯器から離れたところへ排気します。このタイプのカバーは筒状のパイプの形をしていて、そのパイプの先から排気します。給湯器が階段下など、排気がこもりがちの場所に設置されているような場合の使用が効果的です。

パイプは比較的太く、しっかりとしたものです。見た目のスッキリさはありませんが、とにかく排気の充満を避けたいという方にはおすすめです。

給湯器の修理・交換・排気カバーの取り付けは業者に依頼しよう!

ガスや電気を使って水を沸かしお湯を作る給湯器。そんな給湯器が故障したときに自分で修理をするのは危険です。間違った修理は更なる故障やトラブルの原因になることもあるため、給湯器が故障した場合は修理のプロである業者への依頼をおすすめします。

また給湯器が劣化して交換したいときや、排気カバーをとりつけたいときも、業者へ依頼するのが安心でしょう。高温の蒸気を排気する給湯器は、設置場所を見極め確実な取り付けをすることが大切です。業者の確かな技術が、生活に欠かせないお湯の安全な使用を可能にすることでしょう。

まとめ

給湯器カバーの種類や、使用するメリットをお伝えしてきました。排気カバーは排気の方向を変え火災を予防する以外にも給湯器の劣化を防ぎ、隣家の壁に排気が当たって起こるトラブルなども未然に防いでくれます。

また排気カバーには排気する方向によって3つの種類があり、上方や左右などへ給湯器の排気を流すことができます。可燃物が近くにあるときや、給湯器周りのスペースが狭いときには、排気カバーのこの機能が大活躍してくれることでしょう。

排気カバーの取り付けは大切な作業ですので、プロの業者に作業を依頼し、確実な取り付けをされることをおすすめします。排気カバーの使用によって、ご自宅での生活が安全で快適なものになるとよいですね。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼