最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の設置場所が原因でトラブルが?適切に設置して安全確保しよう

給湯器の設置場所が原因でトラブルが?適切に設置して安全確保しよう

給湯器は私たちが温かな水を快適に使うために欠かせないものです。しかし、利用することが当たり前のものだからこそ給湯器本体の不具合には意識が向いても、給湯器の設置場所について真剣に考えたことがある人は少ないかと思います。

給湯器の設置場所はとても重要なことです。なぜなら誤った場所に設置してしまうと、不完全燃焼による一酸化炭素の発生や火災といった事故が発生する危険性があるからです。それらを回避するためにも、設置場所は真剣に考える必要があります。

本コラムでは、給湯器を安全に正常運転させるための給湯器の設置場所についてご紹介します。ぜひ参考にしていただいたうえで、給湯器のある快適な生活をおくってください。

給湯器の設置場所の重要性

給湯器の設置は、どこでもいいと安直に考えてはいけません。給湯器を正しく作動させるためにも、安全に使い続けるためにも、適切な場所に設置しなければならないのです。ここからは設置場所の重要性についてご紹介していきます。

給湯器を正常に動かす

給湯器は給気や排気が上手くおこなえないと、本来あるはずの性能どおりの働きができません。そのため、給湯器を設置した際に、給気口や排気口が塞がれないようにする必要があります。さらに、給湯器を設置した後は、給湯器の近くにものを置かないようにすることが大切です。

安全性の確保

吸気口や排気口付近に障害物があり、空気の循環が正常におこなえなくなると、給湯器内で不完全燃焼が起きてしまうおそれがあります。不完全燃焼の恐ろしい点は、一酸化炭素が発生する点です。給湯器内で発生した一酸化炭素は、排気口を通って外部へと流出します。外へ出た一酸化炭素を吸引すると、最悪の場合は死んでしまうおそれもあるため、不完全燃焼が起きないように注意が必要です。絶対に循環が妨げられるような場所に設置してはいけません。

給湯器の設置場所はどこがいい?

給湯器の設置場所が原因でトラブルが?適切に設置して安全確保しよう

給湯器は正しい場所に設置しなければなりません。では、どのような場所が適切といえるのでしょうか。じつは給湯器の設置場所には、基準があります。設置するには基準に合った場所でないといけないのです。どこでもよいからと設置するのではなく、基準に合った場所に設置しましょう。

設置場所の基準

重要なポイントは主に2つあります。1つ目は『可燃物が近くにない』ということです。灯油やガソリンなどの可燃物がすでに置いてある場所への設置は避けましょう。可燃物が近くに置いてあると、給湯器に不具合が生じて発火した際に、その可燃物に引火して大きな火災となってしまうおそれがあります。給湯器は可燃物が近くにない場所に設置しましょう。

2つ目のポイントは、『排気が妨げられないようにする』ということです。排気が正常におこなわれないと、不完全燃焼が起き、一酸化炭素が発生する危険性があります。一酸化炭素は人体にとって有毒です。洗濯物を干すところなど、排気口が少しでも塞がれるような場所は避けましょう。

これらのポイントを総合していえることは、『給湯器周りのスペースが確保されている』ことになります。消防法でも「給湯器の前は60cm以上・給湯器の後ろは1cm以上・給湯器の左右は15cm以上・排気口の上は30cm以上」の空間をつくらなければならないと定められています。可燃物がない、排気が妨げられないという2点も、給湯器の周りには空間をつくって設置すれば、クリアすることができるでしょう。

戸建て住宅の場合

給湯器のタイプにもよりますが、集合住宅と比べて、自由に設置することが可能です。屋内外どちらにでも設置することができます。屋外に設置する場合は、地面の上に据置するタイプか、外壁に固定するタイプを選ぶことが可能です。一般的には、給湯器にトラブルがあった際に、居住空間が脅かされることを回避するために、屋外に設置されることが多いとされています。

戸建て住宅の場合は、設置に関して自由度が高いからこそ、周囲の環境には気を付けなければなりません。屋内にせよ、屋外にせよ、周りに可燃物がなく、そして排気の障害となるものが置いてない場所を選びましょう。

集合住宅の場合

マンションやアパートの場合、設置可能な場所は、パイプシャフト(パイプスペース)といわれる玄関脇のスペースかベランダ、もしくは屋内の3箇所です。しかし、管理規約などの制限があるため、戸建て住宅のように好きな場所に設置できるわけではありません。

そのため、リフォームなどをする際に給湯器を新調しようとしても、既存のものと同じ場所にしか設置できない場合があります。なぜなら、既存のものが設置されていた場所というのは、すでに給湯器が正常に作動することや、給湯器の使用における安全性が確保できると認められている場所だからです。安全が証明されている場所であれば、安心できますよね。

設置場所を守らないとどうなる?

給湯器は快適な生活に欠かせないものですが、正しく設置しなければ私たちの生活を脅かすものにもなってしまいます。そうならないためにも、設置は必ず基準を満たした場所を選ばなければなりません。ここからは、基準を守らない場所に設置した際の危険性についてご説明します。設置場所がいかに大切か把握していただければ幸いです。

給湯器が不完全燃焼を起こす

空気の循環が正常におこなわれないと、給湯器が不完全燃焼を起こすおそれがあります。不完全燃焼はとても恐ろしいことです。なぜなら、人命を脅かす危険性のある一酸化炭素を発生させるからです。

火災が発生する

給湯器近くに可燃物が置いてあったことで、火災が発生するおそれがあります。事例として、排気口が塞がれてしまった結果、給湯器が異常燃焼を起こし、排気口を塞いでいたものに着火して燃え広がるといった被害も起きています。火災が発生すれば、給湯器だけでなく家屋全体の問題となり、最悪の場合は命に関わるため、大変危険です。

近所トラブルになることも……

不完全燃焼による一酸化炭素の発生や、給湯器が原因による火災などは、その家屋に住んでいる人だけではなく、周囲にも甚大な被害をもたらすおそれがあります。自分たちが給湯器を適切な場所に設置しなかったことで、誰かの健康を害してしまう可能性があるだけでなく、最悪の場合、誰かの命を奪ってしまうかもしれないのです。

さらに、給湯器の作動音や排気のニオイなどが原因で、隣人に迷惑をかけてしまう場合もあります。設置する際は、隣家からできるだけ距離をあけたり、あらかじめ隣家に向けて排気されない位置に設置したりといった配慮をしましょう。余計なトラブルを避けることにつながります。

給湯器の設置は業者にお願いしよう!

給湯器の設置場所が原因でトラブルが?適切に設置して安全確保しよう

じつは、給湯器の設置には『液化石油ガス設備士』という国家資格が必要です。それほど給湯器の設置は難しい作業なのです。そのため、給湯器を設置する際は、プロの業者に依頼しなければなりません。業者選びのポイントをご説明しますので、参考にしてください。

まずは、24時間365日対応してくれる業者を選びましょう。給湯器は生活に欠かせないものです。不具合や劣化など、交換が必要となる原因はいろいろありますが、どんな理由であれ、すぐに新しい給湯器を設置してくれるかどうかが、業者選びのポイントになります。

次に、実績の多い業者にしましょう。実績の多さは、それだけ多くの人から依頼されてきたということです。多くの人から依頼されてきたということは、それだけ大勢からの信頼を受けている業者ということになります。

さらに、見積りをおこなった後で、追加料金を請求してこないかどうかも重要なポイントです。業者の中には、施工後に見積り以上の金額を請求してくるところがあります。そのため、見積り金額以上は請求しないと確約している業者を選ぶようにしましょう。

わからないことに対して丁寧に答えてくれるかどうかも、業者を選定する際の大きなポイントといえます。給湯器の設置に関して、何か疑問に感じたら、どんなに些細なことでも尋ねるようにしましょう。それに対して、わかりやすく、納得できるまで答えてくれるかどうかで、その業者のサービスの質を見極めることも可能だからです。

以上が業者を選ぶ際の代表的なポイントになります。ただし、これらはあくまでも最低限満たしておくべきポイントです。自分なりの判断基準がある場合は、ご紹介したものに加えて、その基準を必ず満たしている業者を選ぶようにしてください。

まとめ

私たちの生活に今や欠かせない給湯器は、適切な場所に設置をしないと、生活を脅かす存在になってしまうおそれがあります。不完全燃焼による一酸化炭素の発生や、火災などのトラブルを防ぐためにも、給湯器のタイプだけではなく、どこに置くかにも意識を配らなければなりません。

しかし、詳しい知識や正確な情報をもっていない人だけでは、どこに設置することがベストなのかを判断することは、なかなか難しい場合もあります。そんなときは、設置場所に関して、業者と相談しながら決めることも良いでしょう。

給湯器の設置は資格保有者にしかおこなえません。つまり給湯器の設置は業者に依頼しなければならないのです。せっかく依頼するのですから、最大限に頼らなければ損になってしまいます。設置場所に関して、自分だけで悩むことはないのです。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼