最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器をDIYで交換|給湯器の交換方法と必要な資格を紹介します

給湯器をDIYで交換|給湯器の交換方法と必要な資格を紹介します

 

給湯器が壊れてしまうと温かいお湯が供給されず、お風呂やシャワーなど、日常生活に影響を及ぼしてしまいます。早く直さなくてはなりませんが、交換費用は決して安くはありません。そんなとき、「DIYで給湯器を交換できれば安く済ませられるのでは……?」と考えついた方もいるのではないでしょうか。

最近は動画サイトでも、給湯器をDIYで交換している状況を見ることができます。このページでは給湯器の交換方法やかかる費用、給湯器のDIYに関する必須の知識をお伝えいたします。知らずにDIYしてしまうと罰金や罰則が科せられてしまうことがありますので、よく確認して給湯器を交換してみましょう。

素人には難しい!?給湯器のDIY

給湯器の交換方法を解説する前に、給湯器の交換に必要な資格を取得しているかを必ず確認しなくてはなりません。配管を扱う工事を無資格の者がおこなってしまうと犯罪となり、罰金や罰則が科せられてしまいます。

工事にガス栓の増設や移動が必要な場合は「簡易内管施工士」、コンセントの増設や移動が必要な場合は「第二種電気工事士」か、同等以上の資格が必要です。また、給湯器の設置のためには市や地区から、指定給水装置工事事業者として認定される必要もあります。

そのほか、ご自宅が都市ガスと契約して利用している場合は「ガス可とう管工事監督者」と、都市ガス会社に登録された「簡易内管施工士」の資格が必要です。プロパンガスを使用している場合は「液化石油ガス設備士」、もしくは「ガス消費機器設置工事監督者」という資格が必要になります。

DIYするとしたら、外置きの給湯器

給湯器をDIYしようにも、資格を揃え、市やガス会社から認可を得る難易度はとても高いものです。また、うまく接続できずにガスが漏れていても、無色透明のガスに気づくことができず、非常に危険です。そのため、ガス給湯器のDIYはおすすめできません。

屋内に設置するタイプや壁に取り付けるタイプも排気管の接続工事の難易度が高いため、給湯器をDIYで交換するとしたら、外置きの石油給湯器がおすすめです。資格を取得してガス給湯器を設置できる方も、外置きのもの以外には手を出さないほうが無難でしょう。ガスの接続だけでも業者に依頼すると安心できます。

給湯器の交換方法

外置きの給湯器の交換方法は、それほど複雑なものではありません。キッチンやシャワーなどの給湯専用のものであれば、入水と出湯の配管が1本ずつ、お風呂の追い炊き機能があれば、追い炊き用の配管が2本取り付けられています。

水の元栓を閉じて水を止め、配管を外して新しい給水器につなぎ替えるだけで交換は完了です。配管のつなぎ目に使われているパッキンを新しいものに交換して、つなぎ直しましょう。ただし、交換する配管のサイズが違ったり、今までの機械と接続位置が違ったりといった場合は、DIYでの交換が困難です。

給湯器のDIYにかかる費用相場

給湯器のDIYにかかる費用相場

給湯器の設置を業者などに頼むと作業費や現場への出張費など、さまざまな費用がかかってきます。しかし、DIYで交換することで、材料や機器の購入代金のみに費用を抑えることができます。

最低限の機能のガス給湯器を購入し、交換するだけであれば、3万円ほどしかかかりません。ただし、実際は風呂場だけでなく台所にもリモコンを設置したり、ガスの配管を工事することがあったりなどして費用がかさむため、5万円程度を目安に考えるとよいでしょう。

ガス給湯器を単身世帯でなく家族で使う場合は、より高性能なものにするためにさらに費用がかかります。石油給湯器は安いものでも6万円弱、高価なものだと40万円ほどかかるものも多くあります。そのため、給湯器選びを誤ってしまうと、かえって費用が高くなってしまうこともあるのです。

給湯器交換を自分でやるには難しいワケ

給湯器の交換方法を最初のほうで説明させていただきましたが、実際におこなうには大変な作業です。単純に見える作業でも、経験や資格、知識がないままおこなうことは、さまざまな理由から困難といえます。

「素人での給湯器交換」が難しい理由

素人での給湯器交換が難しい理由は、資格が必要であることだけではありません。現在給湯器は、追い焚きできるタイプや追い焚きできないタイプ、壁掛タイプ、据置タイプ、浴槽隣接タイプなど、豊富な種類があります。それぞれの種類にも性能や使用方法に違いがあり、自分の家に合う給湯器を選ぶのは困難です。

また、モンキーレンチなど専用の工具が家にないという方も多く、ほとんど使わない工具を揃えるために時間やお金がかかってしまうということもあるでしょう。工具選びだけでなくパッキンやホース、配管の接続方法など、素人では決めづらいことが多いのです。

素人が給湯器の交換をするのは難しいので、業者に依頼しよう!

給湯器の交換を素人がおこなうことは難しく、器具や知識を揃えても1日で作業を終えられないということもあります。そもそも資格を持っていなかったり作業が難しいと感じたりした場合は、給湯器の交換を業者に依頼することも検討しましょう。

給湯器の交換はプロに依頼しよう!

給湯器の交換はプロに依頼しよう!

給湯器の交換を業者に依頼しようと考えたら、慎重に業者を選ばなくてはなりません。DIYでガス給湯器を交換するよりも費用が高くなってしまうのは仕方がないことですが、できる限り安く依頼したいですよね。ここからは給湯器の取り付けをおこなう業者や選び方、費用を抑えるコツをご紹介いたします。

給湯器の取り付けをおこなう業者

給湯器の取り付けをおこなう業者としては、主に3つの業者があります。

・ガス会社
プロパンガスや都市ガスを供給しているガス会社は、給湯器の販売や交換もおこなっています。公営企業のため安心感はありますが、ガスの供給がメイン事業ですので取り付け可能な給湯器のメーカー、機種が限定されることもあります。

・給湯器メーカー
メーカーには故障した際に修理を依頼するイメージが強いことでしょう。実は購入した機種を設置する、有料の出張サービスのあるメーカーが多くあります。ただし保証がメーカー保証のみですので期間が短く、量販店で購入するよりも値引きをしてもらいにくい傾向もあるようです。

・専門業者
さまざまなメーカーの給湯器の設置や修理などを請け負っており、知識や設置経験が豊富です。業者ごとにサービス内容や料金プランの幅があり、保証やアフターサービスが充実した業者もあれば、手抜き工事や無資格施工などをおこなう悪徳業者も存在します。

業者を見極めるポイント

専門業者やガス会社に依頼する際も、業者ごとにサービス内容や料金プランが異なります。悪質な業者に依頼してしまい、ガス漏れや高額請求をされてしまうなどのトラブルにあわないよう、業者をしっかりと見極めましょう。見極めるポイントは以下の通りです。

・見積りで比較する
ひとつの業者に任せっきりにしてしまうと、提示された交換費用が高いのか安いのか、サービス内容が十分なものかがわかりません。そのため、3社以上の業者から見積りを取り、費用や保証内容などを比較するべきです。

・実績がある
見積りになかった費用を請求されてしまったり、スムーズに施工が進まなかったりすることなど、トラブルを起こす悪質な業者は避けるべきです。ホームページに記載されているお客様の声や口コミを掲載している業者なら、トラブルなく施工をおこなってきた実績を確認できます。

・資格を持ったスタッフが対応してくれる
無資格施工は違法行為ですし、知識が不確かな業者に安心して任せることなどできません。最低限施工スタッフに、必要な資格が揃っているかを確認する必要があります。

・365日、24時間対応してくれる
給湯器に不調が起きたり故障してしまったりといったトラブルの際に、すぐに連絡がつく業者のほうが今後使用していくうえで安心できます。アフターサービスや保証を確認するとともに、24時間年中無休で対応してもらえる業者かどうかも確認しましょう。

給湯器交換の費用を抑えるコツ

給湯器交換の費用を抑えるコツとして、安い給湯器をネット通販などで購入し、設置だけを業者に依頼するという方法があります。ただし、設置だけおこなってくれる業者は少なく、自宅に合う給湯器がどれかを自分で判断をすることは難しいかもしれません。

そのため、「全部依頼する場合」と「設置のみを依頼する場合」で、それぞれどの程度の費用がかかるのかを業者に相談し、実際どれほど安くなるのかを確認しましょう。無料で現地調査をしてくれる業者もいますので、どんな給湯器が合うのか判断してもらうことも可能です。

まとめ

給湯器の交換は、多くの資格や知識、経験が必要となる作業です。DIYで給湯器の交換に挑戦したいという方には、外置きの石油給湯器をおすすめします。DIYで交換することによって費用を抑えることは可能ですが、ガス漏れの危険性などと合わせて考えると、少し高くても業者に依頼したほうがよいでしょう。

業者に依頼しようと考える方は、まずはいくつかの業者に相談してみてください。依頼の前に無料で見積りを出してもらい、サービスや料金などをよく見比べて交換をお願いしましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼