最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

マンションの給湯器|交換するときの連絡先や交換費用の負担について

マンションの給湯器|交換するときの連絡先や交換費用の負担について

 

「マンションの給湯器が壊れてしまった。」「給湯器の様子がおかしい。」給湯器を長く使っているとこのようなトラブルが起きて故障してしまうこともあるでしょう。直さなければお湯が出せず、日常生活に支障をきたしてしまいます。

マンションの給湯器が故障してしまったかもしれないとき、気になることは「本当に交換が必要なのか」「誰が交換費用を負担するのか」ということですよね。このページではそんな疑問を解消するため、マンションの給湯器の寿命や交換のサイン、交換費用や故障したときの連絡先などについて、順番に解説させていただきます。

マンションの給湯器はいつ交換が必要?

給湯器には耐用年数(要約すると寿命)があり、その年数を超えてしまうと故障のリスクが非常に高くなってしまうのです。使用量や頻度、環境によって寿命も変動してしまうので、交換のサインとあわせてご確認ください。

給湯器の寿命

一般的に、国内メーカーの家庭用給湯器の寿命は10年と設定されています。ただしこの期間は設計上の標準使用期間という、適切な点検をおこなわず安全に使用できる最大の期間です。定期的に点検をおこなうことで寿命を延ばすこともできますし、配置環境や使用頻度によっては、10年が経過する前に故障してしまうこともあるでしょう。

こんな症状が出たら交換のサイン!

それでは、どういった症状が出たら故障といえるのでしょうか。じつは、交換が必要と判断できるサインはいくつかあります。

一番発生しやすい症状は、給湯温度が安定しなくなることです。シャワーやお風呂などの湯温が一定でなかったり、設定温度と一致しなかったりするときは、寿命が近いと考えてよいでしょう。また、温度が同じでも出る湯量が明らかに少なくなるといった症状もあります。

お湯を沸かす際に異音がしたり、以前よりも音が大きく聞こえたりする場合もあります。そういった症状が起きた際は、給湯器の排気から黒い煙が出ていることもあるでしょう。そのほか、リモコンにエラーコードが頻繁に表示されるといった症状も交換のサインです。

給湯器が使えなくなってしまうと非常に不便な思いをしてしまいます。当日中に修理してもらえないこともありますので、壊れるまで使うよりも、交換のサインを見つけたらはやめに交換するほうがよいでしょう。

マンションの給湯器を交換する前に確認すること

マンションの給湯器を交換する前に確認すること

マンションの給湯器を交換する際は、基本的に同じ設置方法の給湯器を選ぶ必要があります。給湯器の設置方法や性能を確認し、どういったものを注文すればよいのかを把握しましょう。

1.給湯器の種類

給湯器は設置場所によって種類を見分けることが可能です。マンションの給湯器ですと、外壁に取り付けられている場合は「屋外壁掛け型」、玄関扉の横などに設置されている場合は「PS設置型」が採用されています。種類がなんなのかわからない場合はマンションの管理会社に問い合わせてみましょう。

2.設置する給湯器の号数

給湯器の性能は「号数」で確認することが可能です。号数は、水温+25度のお湯を1分間に何リットル出すことができるかという、給湯能力を表しています。16号、20号、24号が主な号数です。数字が大きいほど、多くのお湯を扱う能力があります。

一般的に単身世帯なら16号、二人家族ですと20号、それ以上の家族の場合は24号がおすすめです。給湯器に貼られたシールに記された品番の数字の、頭2桁が号数となっていますのでご確認ください。

マンションの給湯器の交換はどこに連絡すればいい?

マンションの給湯器を交換する際に確認すべきことは、給湯器の種類や性能だけではありません。自分の住んでいるマンションの分類を確認し、適切な連絡先に連絡する必要があります。

賃貸マンションの場合

賃貸マンションに設置された給湯器などの住宅設備は、貸し主の所有物です。修繕費用を貸し主に負担してもらえますし、勝手に修理してはいけません。まずは管理会社に連絡し、事情を説明しましょう。

経年劣化ではなく、入居者が壊してしまったという場合は費用を請求されることがあるかもしれません。経年劣化による故障の場合は貸し主が費用を負担してくれます。

分譲マンションの場合

分譲マンションに設置された住宅設備は、入居者が自分で交換しなければなりません。自分で費用を負担する必要がありますが、よりよい性能の給湯器へ交換するなど、ある程度自由に決めることが可能です。ただし、給湯器のようなインフラ設備には共有部分があり、勝手に変更できないことが多くあります。業者に依頼する前に、管理会社や管理組合に連絡しましょう。

管理組合に加入している場合

管理組合に加入している場合、給湯器をマンションのどこに設置するか、どういった機種や性能のものを使うかといった制限があるものです。給湯器を交換する計画を立てたら、実際に交換する前に管理組合に確認を取り、承認を得る必要があります。

給湯器の交換を業者に依頼するならココを見よう!

給湯器の交換を業者に依頼するならココを見よう!

給湯器を自分で交換することは難しいため、業者に依頼する必要があります。頻繁に依頼するものではありませんし、初めて給湯器の交換を依頼するという方の中には、どんな業者がよいのかわからないという方も多いでしょう。この章では、業者に依頼する際のチェックポイントをご紹介します。

1.資格の有無を確認

給湯器の交換をするためには、必要な資格やあると安心して任せられる資格がいくつもあります。現状、無資格で工事を請け負っている業者も多くいますので、しっかりと確認して安心できる業者に依頼するべきです。

ガス栓から給湯器に取り付ける際、都市ガスを使用している給湯器ですと「ガス可とう管工事監督者」という資格が必要です。ガス栓の設置場所を変えたいときや増設をする場合は都市ガス会社へ登録している「簡易内管施工士」という資格も必要になります。

プロパンガスを使用している給湯器の場合は、「液化石油ガス設備士」という資格がガス器具設置の際に必要です。また、どちらのガスを使用している給湯器でも、「指定給水装置工事事業者」に指定された施工業者に依頼する必要があります。

電気コンセントを新たに設置するのであれば「第二種電気工事士」、それと同等以上の資格が、屋内に設置するのであれば「ガス消費機器設置工事監督者」が必要となります。

2.保証があるか確認

必須の資格ではありませんが、「ガス器具設置スペシャリスト」という資格には保険制度があり、万が一の事故を心配することなく安心して任せられます。そういった資格がなくても保証制度を独自に定めている業者もありますので、保証の有無だけでなく条件や金額まで確認するとよいでしょう。

3.他社との見積りを比較

給湯器の交換費用は、決して安いものではありません。本体価格と設置費用が別途必要となり費用は15万円ほどかかってしまうでしょう。種類や号数によっても変動し、50万円ほど必要となることもあります。適正な価格を知るためにも、複数の業者から見積りを取って比較する、相見積りをおこないましょう。相見積りを取ることで適切な料金を判断することができるはずです。

まとめ

家庭用の給湯器の寿命は10年とされていますが、使用環境や定期的な整備によって変わってしまうものです。マンションの給湯器の交換が必要となった場合、管理組合への確認や承認を得るため、管理会社に連絡するためといった理由から、3日~1週間ほどかかることもあるでしょう。

相見積りを取って比較することにも時間がかかり、それだけの期間給湯器が使えないということはとても不便です。そのため、交換のサインを見つけたらはやめに交換するよう心がけましょう。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼