最新情報・レポート

給湯器に関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

給湯器の交換|費用相場と種類の選び方!マンションの費用負担は?

給湯器の交換|費用相場と種類の選び方!マンションの費用負担は?

キッチン、洗面台、お風呂やシャワー。お湯は私たちの生活に欠かせないものです。しかし、普段から給湯器の点検をしている人や、自宅の給湯器の性能について考えている人は少ないのではないでしょうか。

「そろそろ買い替えどきかな」と思っている方は、「壊れてしまってお湯が出ない!」なんて事態になる前に、新しい給湯器へ交換しませんか?「どの給湯器がよいのかさっぱりわからない!」という方も安心してください。

この記事では、給湯器の種類や性能、費用相場まで詳しくご紹介します。

給湯器はどんなときに交換が必要?

調子が悪いと感じる給湯器をそのままにしていませんか?ガスや火を使用する給湯器は、故障したまま使用を続けると大変危険です。どんなときに交換が必要か、いくつか例をご紹介します。

1.寿命が過ぎている

家庭用ガス給湯器の耐用年数は、10年ほどだといわれています。もちろん使用頻度や環境などによっても変わってきますが、各メーカーで定められた「設計標準使用期間」でも10年となっています。

設計標準使用期間は、標準的な使用条件のもとで安全に問題なく使用できる期限です。そのため、10年を過ぎた給湯器を、点検せずに使い続けることは危険だといえます。

2.故障の症状が出ている

使用年数からだけでなく、給湯器の異常を見逃さず、故障のサインに気づくことも大切です。こんな症状が出ていたら、修理や交換をご検討ください。

・温度が上がらない
給湯器の電源が入らない、点火しない、燃焼しないなどの理由で、水がお湯にならない。または設定温度まで上がらずにぬるい。

・温度が一定ではない
点火・燃焼はするが、お湯の温度が上がったり下がったり、安定しない。

・給湯器から異音がする
「ボンッ」と大きな着火音がする。使用中に「ピー」という笛のような音がする。

・煙が出ている
給湯機から黒い煙が出ていたり、異臭がしたりする。

特に異音や異臭、煙などは、ガス漏れや不完全燃焼のおそれもあり大変危険です。すぐに使用を中止して、ガスのプロに点検してもらってください。また、このほかにも何か異常を感じたときは、早急に点検することをおすすめします。

給湯器を交換するときの費用相場

給湯器を交換するときの費用相場

給湯器の交換に必要な費用には、給湯器本体の費用と、交換する際の工事費があります。それぞれどのくらいかかるのか、相場を見ていきましょう。

「瞬間式」と「貯湯式」

給湯器には大きく分けて、「瞬間式」と「貯湯式」の2種類があります。瞬間式は、水栓を開けると同時に着火・燃焼し、加熱しながら給湯する構造となっています。

一方貯湯式は、タンクに水を貯めてから沸かす構造です。タンクを置くスペースは必要ですが、一度にたくさんのお湯を安定して供給でき、まとめて沸かすためガス代も抑えられます。

給湯器の本体にかかる費用

給湯器には、風呂を沸かしながらキッチンや洗面への給湯ができる「風呂給湯器」と、風呂やキッチンへの給湯に加えて、温水床暖房や浴室乾燥機も取り付けられる「暖房風呂給湯器」があります。

給湯器本体のメーカー希望小売価格の相場を、号数が20号の給湯器をモデルにご紹介します。「号数」とは、給湯能力を数値化したものです。詳しくはのちほどご説明します。

なお、取り付け工事とあわせて業者に依頼する場合、メーカー希望小売価格より3割~6割引き、場合によっては8割引きで提供されることもあるようです。

【風呂給湯器(20号)】

  • リモコンあり・追い炊きなし:20万円前後
  • リモコンあり・追い炊きあり・自動機能あり:30万円台
  • リモコンあり・追い炊きあり・全自動機能あり:30万円台後半~40万円前後

【暖房風呂給湯器(20号)】

  • リモコンあり・追い炊きなし:30万円台
  • リモコンあり・追い炊きあり・自動機能あり:40万円台前半
  • リモコンあり・追い炊きあり・全自動機能あり:40万円台後半

給湯器の交換にかかる工事費用

給湯器の標準工事(同タイプの給湯器に交換、配管や風呂釜の位置変更なし)の費用相場は、だいたい3万円~6万円ほどです。ここには、古い給湯器の取り外し・撤去処分・新しい給湯器の取り付けの費用が含まれています。

給湯器の号数によって工事費用が変わることはありません。しかし、給湯箇所の増設や設置方法の変更、高所作業が必要な場合などには追加の費用がかかることがあるようなので事前に確認しましょう。

マンションの給湯器の交換費用は誰が負担するの?

マンションで給湯器の交換をする際には、賃貸か分譲かによって費用の負担者が変わったり、戸建住宅とは違う確認事項が必要になったりします。以下に、それぞれの場合についてご紹介します。

賃貸マンションの場合

賃貸マンションでは、給湯器の交換にかかる費用を借主が負担する必要は基本的にありません。住宅設備は貸主の持ちものとなるためです。借主が故意に壊した場合を除き、経年劣化などほとんどの場合で貸主の負担になります。給湯器が故障した場合は、管理会社に連絡しましょう。

分譲マンションの場合

分譲マンションでは、入居者が負担して交換する必要があります。設備機器はマンションの購入費用に含まれているためです。管理組合に加入している場合は、設置場所によっては機種やサイズの制限があるので、事前に確認をとってください。

給湯器の「種類」と「号数」の選び方

給湯器の「種類」と「号数」の選び方

買い替えを機に、より生活スタイルや住環境に合った給湯器へ交換したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。給湯器には、さまざまな熱源や給湯量のものがあります。どんな特徴があるのか比較してみましょう。

給湯器の種類

・ガス
日本国内でもっとも多く使われているのが、ガス給湯器です。ガスを燃焼させてできた炎で水を温めます。設置スペースが小さいことや、給湯器本体の費用が比較的安価なことが魅力です。しかし、ガスを使うため、光熱費が高くなってしまいがちな点にはご注意ください。

・電気
電気給湯機は、タンクに溜めた水を電気で沸かします。電気料金の安い深夜帯に水を熱してタンクに溜めておくことができる機種もあり、光熱費を抑えられるのが魅力です。火を使わないため安全性も高いですが、お湯を溜めておくタンクの設置スペースが必要で、給湯量にも上限があります。

・石油(灯油)
石油給湯器の原理は、ガス給湯器と同じです。光熱費はガスに比べて安く抑えられるでしょう。ただし原油価格が上がれば、当然光熱費も上がります。灯油のタンクを設置するスペースも必要で、給油の手間もあることが難点です。

・太陽光
太陽熱を利用して水を温めます。単独では使えず、ガスや電気などと組み合わせて使います。光熱費は格段に安くなりますし、CO2の排出量など環境面から見ても魅力的です。しかし、設置にかかる費用が高く、天候に左右されるという欠点もあります。

号数を選ぶ目安

給湯器には、お湯を出す能力を表した「号数」というものがあります。水温+25度のお湯を1分間に何リットル出すことができるかを表した数値で、「16号」であれば「16リットル給湯できる」ということです。

16号・20号・24号が主な号数で、16号は1~2人、20号は2~3人、・24号は4~5人の家族におすすめです。人数や生活スタイルに合わせて、余裕を持った号数を選びましょう。

給湯器の交換を業者に依頼をするならココを確認しよう!

給湯器本体は既製品のため、きちんと取り付けてもらえば業者によって性能が変わるということはありません。ただし、保証の有無や料金設定はそれぞれ違うので、確認したうえで業者を選びましょう。

1.保証があるか確認

メーカーや業者によって設置後の保証が変わります。保証があるのかないのか、その期間や内容について、事前に確認しておきましょう。

2.追加料金がかかるか確認

給湯器の設置には、状況に応じて追加の費用がかかることがあります。給湯箇所を増設する場合や給湯器の設置場所を変更する場合、高所や狭い場所での作業が必要になる場合などがその例です。

3.他社と料金やサービスを比較

見積りをとって、詳細な費用や保証内容、アフターサービスなどを確認することをおすすめします。他社と比べることで、よりよい業者を選べるのではないでしょうか。

まとめ

あなたの家の給湯器も、交換時期がきていませんか?せっかく新しいものに交換するのなら、家族構成や生活スタイルに合わせた給湯器を選んで、最適なものに交換しましょう。

ガス管の接続や電気の配線にはそれぞれ資格が必要なので、素人が勝手に触ることはできません。信頼できる業者に任せましょう。業者を選ぶ際には、費用相場との比較や、複数の業者で見積りをとることをおすすめします。

0120-985-358

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

上枠

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-985-358

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリアによりカードが使えない場合がございます

  • 0120-985-358
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料見積りの依頼